シンプルで高機能【SWELL】を使用しています

YouTube登録者数100人までにかかった期間・それまでにやった6つのこと

困っている人
困っている人

「Youtube登録者数100人ってどれくらいかかるの?」
「Youtubeを初めてみたいけど、何からやったらいいかわからない」

本記事の内容
  • Youtube登録者数100人までの推移
  • Youtube登録者数100人までにやったこと
困っている人
困っている人

私は、Youtubeやブログなどで、発信活動を行なっています。

先日ありがたいことに、Youtubeの登録者数が100人を超えました。

100人までは、正しい努力をすれば、誰でも達成だと感じています。

100人というと、決して多くはない数字ですが、誰かの役に立てば、と思い記事にしました。

それでは、解説していきます。

スポンサーリンク
目次

Youtube登録者数100人までの推移

3ヶ月半・動画本数12本で達成

Youtube登録者数100人までは、初投稿から3ヶ月半・動画本数12本で達成しました。

動画は1週間に1〜2本のペースで投稿していました。

投稿本数をもう少し増やせば、登録者数をより早く伸ばせたのかなと感じています。

かもめ
かもめ

一つの動画がバズり、登録者数が増える

一つの動画がバズり、登録者数が徐々に増えていきました。

「おすすめクレジットカード」についての動画が、公開直後から、今に至るまでにダントツで最も再生されています。

他の動画が平均100再生前後に大して、4,000近くの再生数です。

再生数が伸びると、それにつられて登録者数も伸びます。

クレジットカードに関する動画は、視聴者の方のニーズとうまく噛み合った動画を作れたと感じています。

直近1ヶ月で急激に増加

登録者数の推移は、直近1ヶ月で急に増えました。

最初の2ヶ月は、1日に1人登録者が増えたら大満足くらいの感覚でした。

しかし、直近1ヶ月は、61人の方に登録いただきました。

チャンネル登録者数・再生回数の伸びも、時間が経つにつれ大きくなってきます。

諦めずに、長い目でコツコツと投稿することが大切です。

Youtube登録者数100人までにやった6つのこと

Youtube登録者数100人までにやったことを、6つ紹介します。

テーマを決める

1つ目は、テーマを決めることです。

  • 自分ができること
  • 他人の役に立つこと

2つが重なっているテーマを選びました。

たくさんチャンネルがある中で、テーマが定まっていないチャンネルは、視聴者がつきにくいです。

テーマは後から軌道修正することも、もちろん可能ですので、ひとまずのテーマを決めることが大切です。

とにかく動画を投稿する

2つ目は、「とにかく動画を投稿すること」です。

あれこれと考えるよりも、自分で動画を1本作り、投稿してみることが最も勉強になります。

周りの成功しているYoutuberの方を見ていて、まずは量をとにかく作ることが、大切だと痛感しました。

かもめ
かもめ

数が少ないと、改善点等も浮かび上がりにくいです。

とにかく、最初は動画の数を作ることが大切です。

サムネイルに力を入れる

動画作成で意識したことは、サムネイルをしっかりと作ることです。

サムネイルがテキトーだと、動画の信頼性が下がり、クリックされる確率が下がってしまいます。

困っている人
困っている人

どうやって作ったらいいの?

他人の真似をしてみることです。

かもめ
かもめ

ソフトは、IllustratorとPhotoshopを利用しました。

もし、ソフト代は払えないという方は、無料でサムネイルが作れるcanvaというサイトが非常にお勧めです。

丸パクリするのは良くないですが、成功している方の1部を真似してみることは、とても大切です。

似たジャンルの方のサムネイルを見て、少しアレンジしてみましょう。

最初から、1からオリジナルで作とうとすると、失敗する確率が高いです。

SEOを意識する

タイトルの設定には、SEOを意識しました。

SEOとは、検索エンジン最適化のことで、よくブログで用いられる技術です。

具体的には次のことを意識しました。

この動画をみる人は、なんて検索するだろうな?と「検索キーワード」を想像し、タイトルを設定

例えば以下のようなタイトルづけです。

  • 予測される検索キーワード「クレジットカード おすすめ」
  • 設定したタイトル「クレカマニアが選ぶおすすめクレジットカード5選」

アナリティクスを見て、受けがいい動画の周辺を作る

アナリティクスを見て、受けがいい動画には、似たテーマで動画新たにを作りました

私の場合、クレジットカードのおすすめ紹介動画が伸びたので、クレジットカードに関する動画をまた作りました。

その結果、再生回数が多い動画を作ることができました。

前の動画より小さな改善をする

最も大切なことは、「前の動画より小さな改善をする」ことです。

例えば、

  • カットしてみる
  • テロップを入れてみる
  • BGMを追加する
  • 効果音を入れる

といった感じです。

どんなに些細なことでも構いません。

毎回小さな改善をしていくことで、長期的には、大きな成長を遂げることができます。

量を出すことと、同じくらい大切です。

いくら動画本数ばかり出していても、全く改善せず動画投稿していては、成長がありません。

量を出す+小さな改善をするのが、私が最も学んだことです。

YouTube登録者数100人までにかかった期間・それまでにやったこと まとめ

本記事のまとめです。

本記事のまとめ
  • Youtube登録者数100人までの推移
    • 3ヶ月半・動画本数12本で達成
    • 一つの動画がバズり、登録者数が増える
    • 直近1ヶ月で急激に増加
  • Youtube登録者数100人までにやった6つのこと
    • テーマを決める
    • とにかく動画を投稿する
    • サムネイルに力を入れる
    • SEOを意識する
    • アナリティクスを見て、受けがいい動画の周辺を作る
    • 前の動画より小さな改善をする

これから始めようかな?と悩んでいる方は、

まずは1つ動画を投稿してみて下さい!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

投資は、学生時代から2年ほど経験があり、
インデックス投資・高配当株投資・仮想通貨投資をメインとしています。
これまで投資で得た経験を、投資初心者の方にもわかりやすく伝えていければと思います。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる