シンプルで高機能【SWELL】を使用しています

【米国高配当ETF】VYMとは?メリット&デメリットを紹介

Jcomp – jp.freepik.com によって作成された background 写真

困っている人
困っている人

「VYMってどんなETFなの?」
「VYMのメリットが知りたい」
「VYMのデメリットが知りたい」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容
  1. VYMとは
  2. VYMのメリット
  3. VYMのデメリット

私は、インデックス投資・高配当株・仮想通貨など、投資に関する情報発信を行っています。

かもめ
かもめ

米国高配当ETFとして人気の高い、「VYM」は一度はきいたことがあるかもしれません。

しかし、VYMって具体的にどんなETFなのかわからないという方に向けて、解説していきます。

それでは、解説していきます。

スポンサーリンク
目次

VYMとは

まずVYMについて簡単に説明します。

正式名称は、「バンガード・米国高配当株式ETF」です。

世界3大の証券会社である、バンガード社によって運用されています。

「FTSE ハイディビデンド・イールド・インデックス」に連動した投資成果を目指すETFです。

この指数の特徴は、「米国株式市場における、配当利回りが上位」の銘柄を選定しています。

ただし、REIT(不動産投資信託)は、除かれています。

配当金は年4回(3月, 6月, 9月, 12月)に配当されます。

VYMのメリット

VYMのデメリットを5つ紹介します。

構成銘柄数が多く分散性が高い

1つ目は、構成銘柄数が多く分散性が高いことです。

VYMは、なんと393銘柄に分散投資されています。

上位10銘柄の占める割合も、24%と低めです!

銘柄数が多いほど、1つの銘柄の浮き沈みに左右されずらくなり、安定した運用を行うことができます!

個別株でこれほど多くの銘柄に投資をするのは、とても大変です。
VYMでは、ETFのメリットを十分に活かすことができます。

かもめ
かもめ

セクターの分散性も高い

2つ目は、セクター(業種グループ)の分散性も高いことです。

VYMは銘柄数が多いだけではなく、セクターもきれいに分散されています。

かもめ
かもめ

投資の有名な言葉として、「卵は1つのかごに盛るな」という格言があります。
複数のかごに持っておけば、1つのかごを落とし卵を割っても、他のかごの卵は割れずに済みます。
複数のかご=分散です。

かもめ
かもめ

逆に、銘柄数が多くても、1つのセクターへの比率が高ければ不安が残ります。

株価・配当の両方ともに上昇の安定感がある 

3つ目は株価・配当の両方ともに上昇がみこめることです。

VYMは株価・配当ともに、長期的な右肩上がりを続けています。

  1. 株価は、平均年利が約6.6%です。
  2. 配当金の増配率は、年間平均で、約6.6%です。

キャピタルゲイン(売却益=売却価格ー購入価格)も、インカムゲイン(配当金)も両方期待できます。

過去5年のトータルリターンが高い

4つ目は、米国高配当ETFの中で、過去5年のトータルリターンが高いことです。

米国高配当ETFとして有名な、SPYD、HDVと比較して、トータルリターンは最も高いです。

5年間とした理由は、SPYDが設定されて、まだ5年強だったためです。

困っている人
困っている人

トートルリターンって何?

株価の値上がり率+配当金を含めた、総合的なリターンをトータルリターンと呼びます。
ただし、注意点としては、過去5年間で高かっただけで、今後どうなるかは、誰にもわかりません。

かもめ
かもめ

経費率が低い

5つ目は、経費率が低いことです。

VYMの経費率は0.06%であり、非常に格安です。

同じ米国高配当ETFのSPYD(0.07%)やHDV(0.08%)と比較しても
VYMの経費率(0.06%)は低いです!

経費率とは、年間運用手数料のことであり、ETFを購入する際に
最も気にすべき手数料です。(投資信託でいう「信託報酬」です.)

100万円購入しても、年間600円しか手数料がかかりません。

ひどいものでは、運用手数料が1%以上(年間1万円)などもザラにあります。

かもめ
かもめ

VYMのデメリット

VYMのデメリットを2つ紹介します。

米国高配当ETFの中では、配当利回りが低い

1つ目は、米国高配当ETFの中では、配当利回りが低いことです。

  • VYM 3.1%
  • SPYD 4.8%
  • HDV 3.4%

高い配当利回りを求めたい方には、やや控えめな利回りかもしれません。

SPYDVYMと組み合わせることで、利回りを高めるのがおすすめです!

かもめ
かもめ

詳しいVYMの配当利回りの推移に関しては以下の記事をごらんください。

あわせて読みたい
【米国高配当ETF】VYMの配当利回り推移・買い時【2021最新版】
【米国高配当ETF】VYMの配当利回り推移・買い時【2021最新版】Jcomp – jp.freepik.com によって作成された background 写真こういった疑問に答えます。本記事の内容 VYMの配当利回り VYMの株価 VYMの買い時VYMは、配当金も、株価の...

REIT(不動産)を含まない

2つ目は、REITを含まないことです。

REITとは不動産投資信託のことで、VYMでは、不動産セクターに投資することはできません。

もし不動産にも投資したい方は、SPYDも合わせて購入するのがおすすめです!

かもめ
かもめ

まとめ

本記事のまとめです。

本記事のまとめ
  1. VYMとは
    1. バンガード社によって運用
    2. 米国株式市場における、配当利回りが上位」に連動した投資成果を目指すETF
    3. 配当金は年4回(3月, 6月, 9月, 12月)
  2. VYMのメリット
    1. 構成銘柄数が多く分散性が高い
    2. セクターの分散性も高い
    3. 株価・配当の両方ともに上昇の安定感がある 
    4. 過去5年のトータルリターンが高い
    5. 経費率が低い
  3. VYMのデメリット
    1. 米国高配当ETFの中では、配当利回りが低い
    2. REIT(不動産)を含まない

VYMについて、詳しく解説してきました。

VYMのメリット・デメリットについて理解した上で、投資するとより深い投資ができるのはないかと思います。

VYMは分散性が高く、安定した配当金をうみだしてくれるおすすめのETFですので、ぜひ検討してみてください!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

投資は、学生時代から2年ほど経験があり、
インデックス投資・高配当株投資・仮想通貨投資をメインとしています。
これまで投資で得た経験を、投資初心者の方にもわかりやすく伝えていければと思います。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる