シンプルで高機能【SWELL】を使用しています

【米国高配当ETF】SPYDとは?メリット&デメリットを紹介

Jcomp – jp.freepik.com によって作成された background 写真

困っている人
困っている人

「SPYDってどんなETFなの?」
「SPYDのメリットが知りたい」
「SPYDのデメリットが知りたい」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容
  1. SPYDとは
  2. SPYDのメリット
  3. SPYDのデメリット

私は、インデックス投資・高配当株・仮想通貨など投資に関する情報発信を行っています。

かもめ
かもめ

米国高配当ETFとして人気の高い、「SPYD」は一度はきいたことがあるかもしれません。

しかし、SPYDって具体的にどんなETFなのかわからないという方に向けて、解説していきます。

それでは、解説していきます。

スポンサーリンク
目次

SPYDとは

まずSPYDについて簡単に説明します。

正式名称は、SPDR®ポートフォリオS&P500®高配当株式ETFです。

世界3大証券会社の1つである、ステート・ストリート社によって運用されています。

「S&P500高配当指数」に連動した投資成果を目指すETFです。

この指数は、「S&P500指数の採用銘柄のうち配当利回りが高い80銘柄」を選定しています。

配当金は年4回(3月, 6月, 9月, 12月)に配当されます。

SPYDのメリット

SPYDのメリットを3つ紹介します。

配当利回りが圧倒的に高い

1つ目は、米国高配当ETFの中では、配当利回りが圧倒的に高いことです。

  • SPYD 4.8%
  • VYM 3.1%
  • HDV 3.4%

他の米国高配当ETFに比べて、配当利回りは1%〜2%ほど高いです。

SPYDの配当利回りの高さは目を見張るものがあります。

SPYDに投資をする多くの人の目的は、「高い配当利回りを得たい」ことだと思います。

詳しいSPYDの配当利回りの推移に関しては以下の記事をごらんください。

あわせて読みたい
【米国高配当ETF】SPYDの配当利回り推移【2021最新版】
【米国高配当ETF】SPYDの配当利回り推移【2021最新版】Jcomp – jp.freepik.com によって作成された background 写真こういった疑問に答えます。本記事の内容 SPYDの配当利回り SPYDの株価 SPYDの買い時SPYDは高配当株投資家...

ゆるやかな株価上昇がみこめる 

2つ目はゆるやかな株価上昇がみこめることです。

SPYDの株価は、長期的な右肩上がりを続けています。

株価は、過去5年での平均年利が約4.4%です。

コロナショックで暴落しましたが、一年間でコロナショック前の価格まで回復しています。

経費率が低い

3つ目は、経費率が低いことです。

SPYDの経費率は0.07%であり、格安です。

経費率とは、年間運用手数料のことであり、ETFを購入する際に
最も気にすべき手数料です。(投資信託でいう「信託報酬」です.)

100万円購入しても、年間700円しか手数料がかかりません。

ひどいものでは、運用手数料が1%以上(年間1万円)などもザラにあります。

かもめ
かもめ

SPYDのデメリット

SPYDのデメリットを3つ紹介します。

景気変動に弱く、減配の可能性も高い

1つ目は、景気変動に弱いことです。

コロナショックがおきた2020年では、9月の配当金は、前年同期比40%減の大減配を行い、
多くの投資家を驚かせました。

SPYDを購入する際は、減配されることも必ず頭の隅に置いておくべきです。

かもめ
かもめ

対策としては、不景気に強いHDVと組み合わせて、投資を行うことがおすすめです。

かもめ
かもめ

分散性が低い

2つ目は、分散性が低いことです。

銘柄数は、80銘柄とやや少なめです。

また、セクター(業種)の偏りが多く金融・不動産といった景気敏感株が上位を占めています。

分散性を高めるには、SPYDやHDVと組み合わせることがおすすめです!

かもめ
かもめ

まだ歴史が浅い

3つ目は、歴史が浅いことです。

SPYDの設定日は、2015年10月と設定されてから日が浅いです。

よってデータが十分集まっておらず、今後どうなるかの予測が立てづらいです。

ちなみに、SPYDはこの5年間、増配や減配を繰り返しており、配当金はあまり安定していません。

かもめ
かもめ

SPYDとは?メリット&デメリットを紹介 まとめ

本記事のまとめです。

本記事の内容
  1. SPYDのメリット
    1. 配当利回りが圧倒的に高い
    2. ゆるやかな株価上昇がみこめる 
    3. 経費率が低い
  2. SPYDのデメリット
    1. 景気変動に弱く、減配の可能性も高い
    2. 分散性が低い
    3. まだ歴史が浅い

SPYDについて、詳しく解説してきました。

SPYDのメリット・デメリットについて理解した上で、投資するとより深い投資ができるのはないかと思います。

SPYDはなんといっても高い配当利回りを狙えるおすすめのETFですので、ぜひ検討してみてください!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

投資は、学生時代から2年ほど経験があり、
インデックス投資・高配当株投資・仮想通貨投資をメインとしています。
これまで投資で得た経験を、投資初心者の方にもわかりやすく伝えていければと思います。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる