シンプルで高機能【SWELL】を使用しています

【VYM・SPYD・HDV】米国高配当ETFのトータルリターン

困っている人
困っている人

「VYM・SPYD・HDVのトータルリターンが知りたい」
「結局どれに投資したらいいの?」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容
  1. VYM・SPYD・HDVのトータルリターン
  2. VYM・SPYD・HDVの配当利回り
  3. VYM・SPYD・HDVの選び方

私は現在、セミリタイアを目指し、投資・節約・副業に関する情報発信を行っています。
高配当株では、VYM・SPYD・HDVをメインとして運用しています。

かもめ
かもめ

米国高配当ETFって結局どれがいいのか迷ってしまいますよね。

今回は、トータルリターンを用いて、いったいどれを選べばいいのか解説していきます。

スポンサーリンク
目次

VYM・SPYD・HDVのトータルリターン

過去5年半のリターン

VYM・SPYD・HDVのトータルリターンは以下の通りです。

最も設定が新しいSPYDの設定日(2015年10月22日)からの約5年半のリターンです。

過去5年半のトータルリターン
  • VYM:84.3%
  • SPYD:67.9%
  • HDV:58.2%

VYMが高配当ETFの中では最も高いトータルリターンです。

トータルリターンとは、投資から得られた総合収益を指します。

トータルリターン=キャピタルゲイン(売却益)+インカムゲイン(配当金)

過去1年のリターン

過去1年のトータルリターン
  • VYM:53.4%
  • SPYD:79.8%
  • HDV:40.5%

過去1年のトータルリターンでは、SPYDが最も高くなっています。

SPYDのボラティリティ(価格の変動性)が高いことが原因です。

SPYDのような銘柄は、株価が低いときに仕込むことができれば、
配当利回りも高く、トータルリターンも高い銘柄として運用することができます。

かもめ
かもめ

VYM・SPYD・HDVの配当利回り

過去の平均配当利回りは、以下のとおりです。

  • VYM:3.1%
  • SPYD:4.8%
  • HDV:3.4%

以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

あわせて読みたい
【米国高配当ETF】VYMの配当利回り推移・買い時【2021最新版】
【米国高配当ETF】VYMの配当利回り推移・買い時【2021最新版】Jcomp – jp.freepik.com によって作成された background 写真こういった疑問に答えます。本記事の内容 VYMの配当利回り VYMの株価 VYMの買い時VYMは、配当金も、株価の...
あわせて読みたい
【米国高配当ETF】SPYDの配当利回り推移【2021最新版】
【米国高配当ETF】SPYDの配当利回り推移【2021最新版】Jcomp – jp.freepik.com によって作成された background 写真こういった疑問に答えます。本記事の内容 SPYDの配当利回り SPYDの株価 SPYDの買い時SPYDは高配当株投資家...
あわせて読みたい
【米国高配当ETF】 HDVの配当利回りの推移【2021年】
【米国高配当ETF】 HDVの配当利回りの推移【2021年】Jcomp - jp.freepik.com によって作成された background 写真こういった疑問に答えます。本記事の内容HDVの配当利回りHDVの買い時米国高配当ETFの「HDV」は配当利回りも...

VYM・SPYD・HDVの選び方

トータルリターンでは、VYM

トータルリターンに着目すると、過去安定して高い水準を誇っているVYMがおすすめです。

配当利回りに関しては、控えめな水準なので、今の生活をよくしたいという方には、あまり向いていません。

長期目線で、売却益も配当金も欲しいといった方には
VYMが1番の選択肢になります。

かもめ
かもめ

直近の生活もよくしたいなら、SPYD

直近の生活もよくしたいなら、SPYDがおすすめです。

配当利回りが高いので、特に短期目線でもおすすめです。

かもめ
かもめ

また、下落時に購入できればトータルリターンもおおきくなるので、いかに下落時に大量購入できるかが肝になります。

米国高配当ETFのトータルリターン まとめ

本記事のまとめです。

キャプション
  1. 過去5年半のリターン
    1. VYM:84.3%
    2. SPYD:67.9%
    3. HDV:58.2%
  2. VYM・SPYD・HDVの選び方
    1. 長期目線でトータルリターンでは、VYM
    2. 直近の生活もよくしたいなら、SPYD
      • SPYDは、ボラティリティが高いため下落時に購入できれば、トータルリターンも大きくなる

今回はトータルリターンの観点から、VYM・SPYD・HDVについて解説しました。

3つのETFを組み合わせて、ご自身なりにアレンジしてみてください!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

投資は、学生時代から2年ほど経験があり、
インデックス投資・高配当株投資・仮想通貨投資をメインとしています。
これまで投資で得た経験を、投資初心者の方にもわかりやすく伝えていければと思います。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる