シンプルで高機能【SWELL】を使用しています

海外移住で取りやすいビザは?おすすめ3選を紹介

困っている人
困っている人

「将来、海外移住を考えているけど、どの国がいいかわからない」
「ビザの取得っていくらかかるの?」

本記事の内容
  • 海外移住にビザが必要な理由
  • 海外移住で取りやすいビザ3選

こういった疑問に答えます。

私は、セミリタイアして海外移住を目指しています。

かもめ
かもめ

海外移住を考えたときに、まず壁となるのが、ビザですよね。

しかし、日本に住んでいると、ビザに関してあまり知らない方も多いのではないでしょうか。

今回は、とりやすいビザを3つ紹介します。

それでは、解説していきます。

スポンサーリンク
目次

海外移住にビザが必要な理由

多くの国で3か月以上の滞在ができない

海外移住にビザが必要な理由は、多くの国で90日以上の滞在ができないからです。

  • オーストラリア:3か月
  • フランス:90日
  • マレーシア :90日
  • タイ:30日

よって、海外移住のように長期滞在する場合には、ビザの取得が必須になります。

ビザとは

ビザとは、「その国への入国が適当ある証明」です。

空港などの入国審査において、パスポートとともに提示するすることが求められます。

しかし、多くの国では、日本との間で協定結ばれているため、観光や短期滞在に関しては、ビザが免除されます。

海外移住で取りやすいビザ3選

タイランドエリートビザ(タイ)

  • 価格:THB600,000(約210万円)
  • 期間:5年
  • 年齢制限無し

1つ目は、タイランドエリートビザです。

特徴は、年齢制限がないにもかかわらず、取得するための価格が非常に安いことです。

  • 単身の場合、日本円で210万円ほどです。
  • 二人の場合、日本円で280万円ほどです。

現在そこまでお金がない20代・30代の方でも早期に海外移住が実現できます。

MM2Hビザ(マレーシア)

MM2Hビザは、2021年6月現在、休止中です。
復帰を待ちましょう。

  • 50歳未満の場合
  • 必要財産:500,000MYR(約1330万円)
  • 必要定期預金額;300,000MYR(約800万円)
  • 収入証明:10000MYR/year (約月27万円)
  • 期間:10年(更新可)

2つ目は、MM2Hビザです。

特徴は、実質お金を払う必要がないことです。

MM2Hビザは、財産額・収入証明の基準を満たし、マレーシアの定期預金に預ければOKです。

定期預金は、2年目以降であれば、医療費・家の購入・子供の教育費等に使用することができます。

また、マレーシアの定期預金の年利は約4%と非常に高いこともポイントです。

資産がある程度確保できる方には、とてもおすすめできるビザです。

かもめ
かもめ

SRRVビザ(フィリピン)

  • 年齢:35歳以上
  • 必要預金額:$20,000(約220万円)
  • 申請料:$1400(約15万円)
  • 年会費:$100(約1万円)

3つめは、SRRVビザです。

特徴は、取得しやすさです。

実際に払うお金は、申請料・年会費のみで数十万円ですみ、非常に格安です。

ただし、35歳以上の方に限られますので、20代の方は取得することができません。

35歳以上の方で、少ない資金でビザを取得したい方に向いています。

かもめ
かもめ

海外移住で取りやすいビザは?おすすめ3選を紹介 まとめ

本記事のまとめです。 

海外移住におすすめするビザ3選
  • タイランドエリートビザ(タイ)
    • 現在そこまでお金がない20代・30代の方におすすめ
  • MM2Hビザ(マレーシア)※2021年6月現在、休止中
    • 資産がある程度確保できる方
  • SRRVビザ(フィリピン)
    • 35歳以上の方で、少ない資金でビザを取得したい方

ぜひ今回の記事を参考に、海外移住先を検討してみてください!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

投資は、学生時代から2年ほど経験があり、
インデックス投資・高配当株投資・仮想通貨投資をメインとしています。
これまで投資で得た経験を、投資初心者の方にもわかりやすく伝えていければと思います。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる