シンプルで高機能【SWELL】を使用しています

【注意】米国高配当ETFのリスクとは?リスクを避ける方法

困っている人
困っている人

「米国高配当ETFのリスクが知りたい」
「米国高配当ETFのリスクを避けるためにはどうすればいいの?」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容
  1. 米国高配当ETFのリスク
  2. 米国高配当ETFのリスクを避ける方法
かもめ
かもめ

私は、米国高配当ETFのVYM・SPYD・HDVに投資を行っています。

かもめ
かもめ

米国高配当ETFは素晴らしい投資先ですが、もちろんリスクがあります。

リスクとは悪い意味だけは、ありません。

リスクがあるからこそ、リターンを得ることができます。

そこで、リスクを正しく理解して、自分に合ったリスクにするために適切な対策を取ること重要です。

それでは、早速解説していきます。

スポンサーリンク
目次

米国高配当ETFのリスク

リスク

米国高配当ETFの大きなリスクを2つ紹介します。

減配リスク

1つ目は、減配リスク・暴落リスクです。

減配リスクとは、配当金が減ることにより、実際に手元に受け取るお金が減ってしまうことです。

特に、セミリタイアやFIREを目指す人にとっては致命的なリスクです。

例えば、2020年9月にSPYDは、40%超の減配を行いました。

配当金生活する人にとっては、お給料が40%減ってしまったようなものですから、たまったものではありませんよね。

かもめ
かもめ

為替リスク

2つ目は、為替リスクです。

為替リスクとは、円高(円の価値が高くなり、ドルの価値が減ること)が進む事により、受け取る配当金が減ってしまうことです。

米国高配当株ETF配当金はドルで得ます。

日本で生活する私たちは、円で生活しているため、ドルを円に変える必要があります。

よってドルの価値が減ってしまうと、実際に受け取る日本円は少なくなってしまいます。

困っている人
困っている人

円高って何?

円の価値が高くなり、ドルの価値が低くなる事です。

かもめ
かもめ

1ドル=100円が、1ドル=90円になった場合を考えます。

1ドルを得るのに、必要な円が少なくなります。

つまり円の価値が高くなっていますよね。

この時、円高と呼びます。

米国高配当ETFのリスクを避ける方法

1つのETFに集中投資しない(減配リスクへの対策)

1つめは、1つのETFに集中投資しないことです。

配当利回りが高いSPYDだけに投資をするなどすると、かなり危険です。

米国高配当ETFを持つときは、VYM・SPYD・HDVを組み合わせることで、減配指数を小さくすることができます。

高配当株ETFの比率に関しては、以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

あわせて読みたい
【米国高配当ETF】VYM・SPYD・HDVのおすすめ組み合わせ
【米国高配当ETF】VYM・SPYD・HDVのおすすめ組み合わせJcomp – jp.freepik.com によって作成された background 写真こういった疑問に答えます。本記事の内容VYM・SPYD・HDVのおすすめ組み合わせ配当利回りセクターの分散度米...

日本高配当株を組み合わせる(為替リスクへの対策)

2つ目は、日本高配当株を組み合わせる事です。

為替リスクへの対策になります。

日本高配当株に投資をすれば、配当金は直接日本円で受け取る事ができます。

困っている人
困っている人

どのETFを買えばいいの?

残念ながら現在、おすすめできる日本株の高配当ETFはない状況です。

かもめ
かもめ

しかし、SBIネオモバイル証券を利用すれば、日本個別株を1株から購入することができます。

ぜひ自分だけのポートフォリオを作成してみてください。

困っている人
困っている人

米国株と日本株はどのくらいの比率にしたらいいの?

基本は、半々の割合で持っておくのがバランスが良いと思います。

かもめ
かもめ

あとは、個人の好みに合わせて調整して行きます。

私自身は、米国株の増配率の高さに魅力を感じるので、米国株多めのポートフォリオです。

かもめ
かもめ

米国高配当ETFのリスクとは?まとめ

本記事のまとめです。

本記事の内容
  1. 米国高配当ETFのリスク
    1. 減配リスク
    2. 為替リスク
  2. 米国高配当ETFのリスクを避ける方法
    1. 1つのETFに集中投資しない(減配リスクへの対策)
    2. 日本高配当株を組み合わせる(為替リスクへの対策)

米国高配当ETFのリスクを知っていると知らないのでは、今後の投資への姿勢が大きく変わってきます。

今の投資スタイルだと、ちょっと不安だなという方は、ぜひ今回紹介した対策を行ってみてください。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

投資は、学生時代から2年ほど経験があり、
インデックス投資・高配当株投資・仮想通貨投資をメインとしています。
これまで投資で得た経験を、投資初心者の方にもわかりやすく伝えていければと思います。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる