シンプルで高機能【SWELL】を使用しています

【積立NISA】楽天証券で買えるおすすめ銘柄3選【投資初心者向け】

困っている人

「積立NISAを始めたいけど、どれに投資したらいいかわからない」
「どうやって商品を選んだらいいかわからない」

このような悩みに答えます。

本記事の内容
  1. 積立NISAの銘柄の選び方
  2. 楽天証券で買える積立NISAおすすめ銘柄3選
かもめ

私は現在、セミリタイアを目指し、投資・節約・副業に関する情報発信を行っています。

積立NISAに関しては、2019年9月に開始してから、1年半ほど継続しており、50万円以上を積立NISAに投資してきた経験があります。

積立NISAって沢山商品があって、どれに投資したらいいか、迷ってしまいますよね。

今回は、楽天証券 で買える投資信託について、どうやって、何を選んだらいいか、丁寧に解説していきます。

かもめ

Youtube動画にて解説も行っていますので、合わせてご覧いただくと
理解を深めやすいです。

それでは、解説していきます。

スポンサーリンク
目次

積立NISAの銘柄の選び方

積立NISAの銘柄の選び方は、4つあります。

インデックスファンドである

1つ目は、インデックスファンドであることです。

インデックスファンドと、積立NISAの相性が良いからです。

困っている人

インデックスファンドって何?

かもめ

積立NISAのような投資信託には、大きく2種類あり、その一つです。

ファンドの種類
  • インデックスファンド
    • S&P500やTOPIXといった指数に連動
    • 購入方法は、毎月積立が王道
  • アクティブファンド
    • インデックスファンドを超えることを目指し運用
    • 購入方法は、割安時に買うのが王道

信託報酬が安い

2つ目は、信託報酬が安いことです。

信託報酬が安ければ、利回りを上げることができます。

困っている人

信託報酬って何?

かもめ

信託報酬とは、毎年かかる運用手数料です。

どの投資信託を購入しても必ずかかります。

インデックスファンドであれば、

0.2%以下であれば優良ファンド
0.1%以下であれば超優良ファンド

といった感じです。

かもめ

1%を超える投資信託もザラにあるため、注意してください!

純資産総額が大きく、右肩上がり

3つ目は、純資産総額が大きく、右肩上がりであることです。

つまり、資産総額が大きいとは、人気があり、たくさんお金が集まっていることを意味します。

純資産総額が少ないor右肩下がりであると、将来のファンドの解散がおこり、売却されてしまう可能性があります。

100%株式である

4つ目は、100%株式であることです。

困っている人

株式100%ってリスクが大きくないの?

かもめ

確かに、株式100%はハイリスク・ハイリターンの投資です。
しかし、長期間積み立てれば、リスクを少なくすることができます。

積立NISAは、20年間以上運用することを前提にしているため、株式との相性が良いです。

楽天証券で買える積立NISAおすすめ銘柄3選

楽天証券で買える積立NISAおすすめ銘柄を3選紹介します!

積立NISAおすすめ銘柄3選
  1. eMAXIS Slim 全米株式(S&P500)
  2. 楽天・全米株式インデックス・ファンド
  3. eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

eMAXIS Slim 全米株式(S&P500)

eMAXIS Slim 全米株式(S&P500)
  1. 米国の大型株500銘柄
  2. 過去1年のリターン(年率):61.50%
  3. 信託報酬:0.0968%

1つ目は、eMAXIS Slim 全米株式(S&P500)です。

米国全体に投資することができます。

米国は歴史的に見て、最も成長しており、世界で有名な企業の多くは、米国企業です。

eMAXIS Slim 全米株式(S&P500)では、S&P500という指数に連動しており、米国の時価総額が大きい企業500社に投資することができます。

上位は、アップルやテスラなど超一流企業が占めています。

また、信託報酬は、全投資信託でトップクラスの低さです。

楽天・全米株式インデックス・ファンド

eMAXIS Slim 全米株式(S&P500)
  1. 米国の大型・小型株:約3,600銘柄
  2. 過去1年のリターン(年率):72.57%
  3. 信託報酬:0.162%

2つ目は、楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)です。

こちらも、米国全体に投資することができます。

困っている人

eMAXIS Slim 全米株式(S&P500)と、どう違うの?

かもめ

楽天VTIは、小型株を含むより多くの銘柄に投資できます。
一方で、eMAXIS Slimは上位500社である大型株のみに投資を行なっています。

ただし、楽天VTIの方が信託報酬は高めです。

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
  1. 全世界約49ヵ国約3,000銘柄
  2. 過去1年のリターン(年率):64.30%
  3. 信託報酬:0.1144%

3つ目は、 eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)です。

米国だけでなく、全世界に投資することができます。

全世界の、先進国や新興国を含む約49ヵ国約3,000銘柄で構成されています!

全世界株式に投資をすれば、今後米国の発展が伸び悩むようなことがあっても、世界全体の経済が発展すれば利益を得ることができます。

ただし現状、全世界株式の約6割は米国が占めており、かなり米国に依存していることは頭に留めておくべきです。

それほど現状米国が強いということです。

楽天証券で買えるおすすめ銘柄3選 まとめ

本記事のまとめです。

本記事のまとめ
  1. 積立NISAの銘柄の選び方
    1. インデックスファンドである
    2. 信託報酬が安い
    3. 純資産総額が大きく、右肩上がり
    4. 100%株式である
  2. 楽天証券で買える積立NISAおすすめ銘柄3選
    1. eMAXIS Slim 全米株式(S&P500)
      • 米国に投資したい方
      • とにかく手数料を抑えたい方
    2. 楽天・全米株式インデックス・ファンド
      • 米国の小型株までに投資したい方
    3. eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
      • 全世界に投資したい方

楽天証券で買えるおすすめ投資信託を紹介してきました。

楽天証券は、クレジットカードで投資信託を買えるため、最もお得です。

今回紹介した、3つの銘柄はどれもおすすめです!

  • 今後も米国の成長を信じられる方は、eMAXIS Slim 全米株式(S&P500)
  • 信じられない方は、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

をおすすめします!

ここまでよんでいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

投資は、学生時代から2年ほど経験があり、
インデックス投資・高配当株投資・仮想通貨投資をメインとしています。
これまで投資で得た経験を、投資初心者の方にもわかりやすく伝えていければと思います。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる