シンプルで高機能【SWELL】を使用しています

【高配当株】東京海上ホールディングスの株価・銘柄分析・投資対象としてどうなの?

困っている人
困っている人

「東京海上ホールディングスって高配当株投資の投資対象としてどうなの?」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容
  • 東京海上ホールディングスの株価・銘柄分析

私は、投資に関する情報発信を行なっています。

かもめ
かもめ

個別銘柄は、銘柄分析が必要であり、正直大変ですよね。

そんな方のために、銘柄分析を行いました。

本記事の銘柄の分析を少しでも参考にして、投資いただければと思います。

日本高配当株の分析として、今回は、「東京海上ホールディングス」を紹介していきます。

分析に用いる指標は以下の7つです。

分析に用いる指標
  1. 一株あたり配当金
  2. 配当性向
  3. EPS(1株あたり利益)
  4. 自己資本比率
  5. 売上高(営業利益)
  6. 営業活動によるCF
  7. 現金

それでは、早速解説していきます。

スポンサーリンク
目次

東京海上ホールディングスの株価・業務内容

東京海上ホールディングスの株価

東京海上ホールディングスの株価は、過去5年間ではに横ばいの傾向です。

4000円〜6000円くらいの間で上下を繰り返しています。

東京海上ホールディングスの業務内容

東京海上HDは保険会社です。

国内保険として

  • 火災保険
  • 会場保険
  • 傷害保険
  • 自動車保険

などを取り扱っています。

また、海外保険事業や金融・一般事業も行っています。

東京海上ホールディングスの銘柄分析

一株あたり配当金

長期的に右肩上がりの傾向があります。

ただし、2020年には10%の減配を行なっています。

配当性向

近年60%前後とやや高めとなっています。

また、東日本大震災やコロナショックの年は大きく増加しています。

EPS

長期的に右肩上がりの傾向があります。

コロナショックがおきた後の2021年は大きく落ち込みました。

自己資本比率

自己資本比率は、10%台とかなり低いです。

ただし、お金をあづかる保険という形態のため、保険業界は自己資本比率が低めです。

大手保険業界の中では、トップクラスの自己資本比率の高さです。

売上高

長期的に右肩上がりの傾向があります。

急激な変動もなく、安定的な推移です。

営業活動によるCF

過去10年全ての年で、黒字です。

長期的に右肩上がりを続けています。

現金

現金の推移は横ばいです。

東京海上ホールディングスの株価・銘柄分析 まとめ

本記事のまとめです。

結論として、高配当株投資をするなら、東京海上HDは十分おすすめできる銘柄の1つです。

様々なセクターに分散させるために、選択肢の一つとなります。

財務が安定にもかかわらず、配当利回りの高さは魅力的です。

そして、高配当株は他の銘柄にも分散投資するするのがおすすめです。

なお、高配当株で少額から分散投資を行うなら、SBIネオモバイル証券がおすすめです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

投資は、学生時代から2年ほど経験があり、
インデックス投資・高配当株投資・仮想通貨投資をメインとしています。
これまで投資で得た経験を、投資初心者の方にもわかりやすく伝えていければと思います。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる