シンプルで高機能【SWELL】を使用しています

【ネット銀行】楽天銀行とSBI銀行の使い分け【実際に両方使っている人が解説】

困っている人
困っている人

「楽天銀行とSBIネット銀行の使い分け方法が知りたい」
「楽天銀行とSBIネット銀行それぞれのメリットが知りたい」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容
  1. 楽天銀行とSBI銀行の使い分け「楽天銀行編」
  2. 楽天銀行とSBI銀行の使い分け「SBI銀行編」

私は、投資や節約に関する情報発信をしています。

かもめ
かもめ

ネット銀行はなんとなく便利と聞いたことがあるけど、違いをよくわかっていない方も多いのではないでしょうか。

そんなネット銀行の中でも、人気・実力ともにピカイチなのが、楽天銀行と、SBI銀行です。

この記事を読めば、楽天銀行とSBI銀行どっちにすればいいんだろう?と、もう迷うことはありません

それでは、解説していきます。

スポンサーリンク
目次

楽天銀行とSBI銀行の使い分け「楽天銀行編」

楽天銀行の特徴を3つ紹介します。

金利が高いため、貯金に向いている

1つ目は、金利が高いため、貯金に向いていることです。

楽天銀行の金利は、0.1%と大手メガバンクに比べて100倍の金利がつきます。

条件は、楽天証券と連携させるだけなので、特にお金もかかりません。

楽天カードと組み合わせることでお得

2つ目は、楽天カードと組み合わせることでお得になることです。

楽天カードの引き落とし先を楽天銀行に設定することで

楽天ポイントが多く貯まるようになります。

  • 具体的には、楽天市場での買い物でつくポイントは1%お得になります。

詳しくは、Youtube動画で解説していますので、ぜひご覧ください。

給与の受け取りで、他行宛振込手数料が3回無料

3つ目は、給与の受け取りで他行宛振込手数料が3回まで無料になります。

よく他の口座に振り込む方は、とても便利です。

かもめ
かもめ

楽天銀行とSBI銀行の使い分け「SBI銀行編」

スマホ取引が便利

1つ目は、スマホ取引が便利であることです。

SBI銀行では、スマホ一つでお金をおろすことができます。

キャッシュカードを持ち歩かなくて済むため、非常に便利です。

かもめ
かもめ

手数料無料回数が多い

2つ目は、手数料無料回数が多いことです。

楽天銀行に比べて、手数料無料のハードルが低いため、手数料無料回数が多いです。

ドルの購入がお得

3つ目は、ドルの購入がお得であることです。

SBI銀行では、1ドルあたり2銭から4銭の手数料で購入することができます。

通常の銀行では、1ドルあたり25銭かかるため、お得です。

詳しい買い方は、Youtube動画にて解説しているので、こちらもご覧ください。

楽天銀行とSBI銀行の使い分け まとめ

本記事のまとめです。

楽天銀行
  • 給与、クレジットカード引き落とし・貯金といったメインバンクとして向いている
  • 基本は楽天銀行で貯金
SBI銀行
  • 急にお金が必要になったときにコンビニでおろす・送金といったサブバンクとしての運用に向いている
  • 一部をSBI銀行で貯金

ぜひお得に使い分けてみてください。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

投資は、学生時代から2年ほど経験があり、
インデックス投資・高配当株投資・仮想通貨投資をメインとしています。
これまで投資で得た経験を、投資初心者の方にもわかりやすく伝えていければと思います。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる