シンプルで高機能【SWELL】を使用しています

【1年間無料】楽天モバイルは契約しないと損レベル?他社プランと比較&実際に使ってみた感想【実体験】

困っている人
困っている人

「楽天モバイルって他社と比べてお得なの?」
「楽天モバイルの通信って悪いんじゃないの?」

こういった疑問に答えます。


本記事の内容

  • 楽天モバイルと他社の比較
  • 楽天モバイルの良いところ
  • 楽天モバイルのちょっと気になるところ
  • 楽天モバイルのおすすめ活用法



私は、2020年7月から半年以上、楽天モバイル を使っているユーザーです。

メイン回線としてバリバリ使っています。

最近、格安プランがたくさん出てきており、「いまいちどこにしたらいいかわからない」という方に向けて、楽天モバイルの料金を他社と比較しました!

また、半年実際に使ったなかで、見えてきた、よいところ、気になるところを皆さんにお伝えできれば幸いです。


それでは解説していきます!

スポンサーリンク
目次

楽天モバイルと他社の比較

まず、主要他社のプランと料金を比較していきます。


主要他社のプランと比較(音声+データ通信プラン)

小容量プラン中容量プラン大容量プラン通信速度その他
マイピタ
(mineo)
1GB 1180円5GB:1380円
10GB:1780円
20GB:1980円
日本通信20GB:1980円70分間無料通話
J:COM1GB:980円5GB:1480円
10GB:1980円
20GB:2480円
UQ
モバイル
3GB:1480円15GB:2480円25GB:3480円
楽天
モバイル
0〜1GB:無料3〜20GB:1980円
20GB〜:2980円
△〜✕使用量により料金決定
通話無料(専用アプリ)
ahamo
(docomo)
20GB:2980円5分以内の通話無料
価格は税別価格です。

楽天モバイルは全容量帯で最安クラスですね。

また、0〜1GBがなんと無料です。

2980円で、無制限使い放題なのも特徴的ですね。

割引キャンペーン情報

小容量プラン中容量プラン大容量プラン通信速度その他
マイピタ
(mineo)
1GB 1180円5GB:300円
10GB:700円

(3ヶ月間キャンペーン)
20GB:900円
(3ヶ月間キャンペーン)
日本通信20GB:1980円70分間無料通話
J:COM1GB:980円5GB:1480円
10GB:1580円
(1年間キャンペーン)
20GB:1980円
(1年間キャンペーン)
UQ
モバイル
3GB:1480円15GB:2480円25GB:3480円◎〜○
楽天
モバイル

無制限GB:無料
(1年間キャンペーン)
(エリア外は
高速通信5GBまで)
△〜✕使用量により料金決定
通話無料(専用アプリ)
ahamo
(docomo)
20GB:2980円5分以内の通話無料
価格は税別価格です。

楽天モバイルは、なんと1年間もの間、データ容量無制限で無料です。

他社を突き放すキャンペーン内容です。

楽天モバイルの良いところ

楽天モバイルを実際に使ってみて、良いところだと思ったことは、4つあります。

1年間無料キャンペーンをおこなっている

1つ目は、1年間無料キャンペーンを行っていることです。

楽天モバイルでは、契約者300万人までのキャンペーンとして1年間の料金が無料になるキャンペーンを行っています。

また、他キャリアからの乗り換えでかかる手数料も、全てポイントで還元されるため、本当に実質無料で乗り換えることができます。

無料対象外通話などを使わなければ、無料で1年間使えてしまします。

楽天の本気度がわかります。


料金が最安クラス

2つ目は、料金が最安クラスであることです。

1年間無料キャンペーンに目がいきがちですが、無料期間が終わったあとも、現状最安クラスです。

楽天モバイルは、月々の使用量に応じた段階性プランを採用しており、
料金はライトユーザーにも、ヘビーユーザーにも優しいです。

ライトユーザーは、0〜1GBなら、なんと無料です。

日本人の7割程度は、1GBまでしか使っていないというデータもあるため、
多くの人にとって最適なプランになります。

ヘビーユーザーにとっても、データ通信料が無制限で2980円(楽天モバイル対応圏内の都市部に限る)ですので、コスパ最高です。

1年後はもしかすると、もっと安いプランがあらわれているかもしれませんが、現状は最安です。

専用アプリで通話が無制限無料

3つ目は、専用アプリで通話が無制限無料であることです。

「楽天Link」というアプリを使用して、通話することで無料にすることができます。

他の会社で、5分まで無料や、○○円払って通話無料などはよくききますよね。

しかし、楽天モバイルでは、「無制限で無料」です。

とんでもないですね。

もしかすると、今の時代「LINEで十分でしょ」と思った方もいるかもしれません。

しかし、まだまだ電話はない不便です。

企業への問い合わせなどで、電話は、意外と結構使います。


対象外エリアでの低速時データ通信が1Mbps

4つ目は、低速時のデータ通信が1Mbpsであることです。

楽天モバイルでは、エリア対象外の高速データ通信は、5GBまでとなっています。

5GBを超えたら、低速となります。

しかし、楽天モバイルの低速は1Mbpsであり、そこそこ早いです。

ブラウジングは問題なくできますし、YouTubeは360pほどであれば問題なくみることができます。

「外でどうしても高画質動画がみたい!」という人以外の、多くの人にとって、十分な速度です。

私自身も、対象外エリアに住んでおりますが、いつも低速モードで使用しており、
特に不便なく使えています。



楽天モバイルのちょっと気になるところ

楽天モバイルを実際に使ってみて、ちょっと気になったところは、4つあります。

都市部以外は、高速データ通信が月5GBまで

1つ目は、都市部以外は、高速データ通信が月5GBまでであることです。

地方部に住み、「外で頻繁に高画質動画がみたい!」といった方には、あまりおすすめできない状況です。 

今後のエリア拡大に期待ですね。

楽天回線エリアでも楽天回線が使えないことがある

2つ目は、楽天回線エリアでも、楽天回線が使えないことがあることです。

特に、対象エリアの端の方だと使えないときがある印象です。

よって、対象エリアを 100%間に受けるのではなく、繋がりにくかったら「まあ仕方ないな」くらいのあたたかい気持ちで契約することをおすすめします。

しかし、今後は、エリア拡大、通信環境の整備がますます進むと思うので、これからに期待ですね。


通信回線が大手キャリアに劣る

3つ目は、通信回線が大手キャリアに劣ることです。

電話していると、たまに途切れたりすることがあります。

特に、屋内で多い印象です。

もしかすると「電話が途切れるのは困るなー」と思った方もいるかもしれません。

しかし、会話に支障があるレベルではないので、そこまで困ったことはありません。

友達などと喋る時は、そもそもLINE通話など電話は使いませんしね。


Apple Watchに電話通知がこない

4つ目は、Apple Watchに電話通知がこないことです。

楽天モバイルでは、専用アプリの「楽天link」というアプリを使って通話します。

着信も同様に「楽天link」を使用します。

しかし、この「楽天link」が現在Apple watchに対応していません。

よって、通話がかかってきても、Apple Watchには通知が来ません。

iPhoneには通知がきますので、「あれば便利だけど、まあなくてもいいか」という感じです。

今後のアップデートに、期待したいところですね。


楽天モバイルのおすすめ利用法

楽天モバイルのおすすめ利用法を2パターン紹介します。

とにかく固定費を安くしたいかたの「メイン回線」として

1つ目は、とにかく固定費を安くしたい方にメイン機として利用していただきたいです。

楽天モバイルの魅力は、やはりなんといっても「一年間無料」「無料期間後も料金が安いこと」です。

通信回線は多少のことなら我慢できる方は、メイン回線として利用することをおすすめします!

少々の通信回線の悪さはありますが、無料ということを考慮すると、十分素晴らしいです。

私自身も、2020年7月から、半年以上メイン回線として利用していますが、非常に満足しています。


通話料を無料にしたい方への「サブ回線」として

2つ目は、通話料を無料にしたい方にサブ回線として利用して欲しいです。

楽天linkは無料通話が使えるので、それだけのためにサブ回線としても価値があります。

全員がこれをやると楽天さんは、たまったもんじゃないでしょうけどね笑

データ通信は、alamoやupモバイルなどで高品質な回線を使い、通話は無料で楽天モバイルを使う非常にコスパが良いです。

また、電話番号を2つ持つことは何かとメリットがあります。

例えば、最近流行りのクラブハウスです。

クラブハウスでは、電話番号を知っている人に身バレをするリスクがあります。

そのため、知り合いにクラブハウスでの活動を知られるのは、恥ずかしいという方もいますよね。

クラブハウスでは、誰にも知られていない電話番号を使用することで、身バレをせずに始めることができます。


このように、楽天回線はサブ回線にもうってつけです。

まとめ

本記事のまとめです。

  • 楽天モバイルの良いところ
    • 1年間無料キャンペーンをおこなっている
    • 料金が最安クラス
    • 専用アプリで通話が無制限無料
    • 対象外エリアでの低速時データ通信が1Mbps
  • 楽天モバイルのちょっと気になるところ
    • 都市部以外は、高速データ通信が月5GBまで
    • 楽天回線エリアでも楽天回線が使えないことがある
    • 通信回線が大手キャリアに劣る
    • Apple Watchに電話通知がこない
  • 楽天モバイルのおすすめ利用法
    • とにかく固定費を安くしたい方への「メイン回線」として
    • 通話料を無料にしたい方へ「サブ回線」として

楽天モバイル は、ライトユーザーから、ヘビーユーザーまで、全ての人におすすめできる通信会社です。

また、メイン回線としても、サブ回線としてもおすすめできます。

私自身、忖度抜きで「一番おすすめできる通信会社は?」と聞かれたら、「楽天モバイル」と答えます。

ぜひ無料キャンペーンを利用してお得に契約してみてください。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

投資は、学生時代から2年ほど経験があり、
インデックス投資・高配当株投資・仮想通貨投資をメインとしています。
これまで投資で得た経験を、投資初心者の方にもわかりやすく伝えていければと思います。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる