シンプルで高機能【SWELL】を使用しています

QUICPayとiDの違いとは?ポストペイ型電子マネーのメリット・デメリットを解説

困っている人
困っている人

「QUICPayとiDってどう違うの?」
「QUICPayやiDのメリット・デメリットが知りたい」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

QUICPayとiDの違い

QUICPayとIDのメリット

QUICPayとIDのデメリット

困っている人
困っている人

私は投資や節約の情報発信を行なっています。

レジで、QUICPayやiDの支払いマークを1度は見たことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ただし、何が違うのか、Suicaやクレジットカードとはどう違うのか、いまいちわかりづらいですよね。

本記事を読めば、QUICPayやiDについてもう迷うことはありません!

それでは、解説していきます。

スポンサーリンク
目次

QUICPayとiDの違い

どちらも同じポストベイ型電子マネー

QUICPayとiDはどちらも、同じポストペイ型電子マネーです。

スマートフォンで利用することもできます。

困っている人
困っている人

ポストペイ型って何?

ポストペイ型とは、後払い式のことです。

かもめ
かもめ
  • ポストペイ型:QUICPay、iD
  • 前払い型:Suica、PASMO、nanaco

クレジットカードにより異なる

QUICPayとiDを使う方法として最もポピュラーなのが、

クレジットカードをスマホに取り込み、QUICPayやiDとして利用することです。

日本で発行される、クレジットカードの多くは、QUICPayとiDのどちらかに対応しています。

クレジットカードにより、QUICPayかiDどちらに対応しているか決まります。

対応する店舗は微妙に異なりますが、ほとんど機能としては同じです。

QUICPayとIDのメリット

スマホ決済できるため楽

1つ目は、スマホ決済できるため楽であることです。

クレジットカードをスマホに取り込むことで、スマホ決済することができます。

カードを取り出したりする必要がないため、非常に楽です。

Apple Watchをお持ちの方なら、Apple Watchをかざして決済することもできます。

スマホより、さらに楽なのでおすすめです。

後払いのためチャージする必要がない

2つ目は、後払いのためチャージする必要がないことです。

後払いのため、チャージし忘れて、払えないというようなことは起こりません。

前払い式のSuicaやnanacoだと金額がチャージされていないと、決済できないことから便利さは、後払いの方が上です。

支払いが早い

3つ目は、支払いが早いことです。

QUICPayやiDは、スマホをかざすだけで決済が完了します。

クレジットカードのように、暗証番号を入力したり、サインを書いたりする必要はありません。

とてもスマートに決済を完了させることができます。

QUICPayとIDのデメリット

Suicaに比べると若干遅い

1つ目は、Suicaに比べると若干遅いことです。

先ほどメリットの方で、支払いが早いと紹介しました。

十分早いのですが、Suicaに比べる若干ラグがあるように感じます。

決済速度はできるだけ最速がいい!という方はSuicaをおすすめします。

明細にどこで使ったかが記録されないため、家計簿アプリで使いづらい

2つ目は、明細にどこで使ったか記録されないことです。

QUICPayやiDでは、明細にQUICPayやiDとしか記載されません。

一般的なクレジットカードでは、店舗名が記録されます。

マネーフォワードのような家計簿アプリでは、店舗名から自動的に、カテゴリを分類しています。

よって、QUICPayやiDを支払いに利用すると、正しく分類することができません。

マネーフォワードに関しては、以下の記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
【家計簿アプリ】マネーフォワードMEを一年半使ってわかったメリット・デメリット!
【家計簿アプリ】マネーフォワードMEを一年半使ってわかったメリット・デメリット!こういった疑問に答えます。キャプションマネーフォワードMEのメリットマネーフォワードMEのデメリット家計簿アプリはマネーフォワードをはじめ、zaimなど色々と使って...

全ての店では対応していない

3つ目は、全ての店では対応していないことです。

残念ながら、QUICPayやiDは全ての店では対応していません。

コンビニはドラッグストアで、多くの店舗で視聴することができます。

今後さらに普及していけば、とても便利になります。 

QUICPayとiDの違いとは?ポストペイ型電子マネーのメリット・デメリットを解説

本記事のまとめです。

本記事のまとめ
  • QUICPayとiDの違い
    • どちらも同じポストベイ型電子マネー
    • クレジットカードにより異なる
  • QUICPayとIDのメリット
    • スマホ決済できるため楽
    • 後払いのためチャージする必要がない
    • 支払いが早い
  • QUICPayとIDのデメリット
    • Suicaに比べると若干遅い
    • 明細にどこで使ったかが記録されないため、家計簿アプリで使いづらい
    • 全ての店では対応していない

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

投資は、学生時代から2年ほど経験があり、
インデックス投資・高配当株投資・仮想通貨投資をメインとしています。
これまで投資で得た経験を、投資初心者の方にもわかりやすく伝えていければと思います。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる