シンプルで高機能【SWELL】を使用しています

【米国株】円貨決済と外貨決済の違い・どっちがいいのか?解説

困っている人
困っている人

「円貨決済と外貨決済の違いがよくわからない」
「円貨決済と外貨決済ってどっちがいいの?」

本記事の内容
  • 円貨決済と外貨決済の違い
  • 円貨決済のメリット・デメリット
  • 外貨決済のメリット・デメリット
  • 円貨決済と外貨決済どっちがいいのか?

私は投資に関する情報発信を行なっています。

かもめ
かもめ

米国株に投資するときに、迷うことが多いのが「円貨決済」と「外貨決済」の2つです。

結論から言うと、どちらもおすすめですが、個人的には外貨決済をおすすめします。

それでは、解説していきます。

スポンサーリンク
目次

円貨決済と外貨決済の違い

円貨決済と外貨決済の違いは、

米国株を「日本円で購入する」か「米ドルで購入する」かの違いです。

購入方法が違うだけですので、買う商品自体は同じです。

また、米国株は、どちらの購入方法でも最終的にはドルで購入されます。

円貨決済では、円→ドルに交換するのを、証券会社が代わりに行ってくれます。

円貨決済のメリット・デメリット

メリット①:細かいことを考えずに済む

メリットは、細かいことを考えずに済むことです。

円貨決済は、円で購入できるため、シンプルでわかりやすいです。

投資において、

  • あまり時間はかけたくない
  • なるべくシンプルにしたい

という方には円貨決済がおすすめです。

メリット②:投資を完全自動化もできる

メリット2つ目は、投資を完全自動化できることです。

SBI証券定期積立サービスを使えば、投資を完全自動化することができます。

SBI証券の口座に必要な金額(日本円)を入金しておけば、勝手に積立を行ってくれます。

ただし、まとまった資金がないという方は、予め入金しておくことはできません。

SBI証券に入金する必要がありますので、手間は外貨決済とほとんど変わらなくなります。

デメリット:手数料は外貨決済より高い

デメリットは為替手数料が高いことです。

  • 円貨決済:1ドルあたり25銭
  • 外貨決済:1ドルあたり2銭〜

しかし、高いといっても、特質して高いわけではないので、メリットに魅力を感じる方は、円貨決済も十分魅力があります。

外貨決済のメリット・デメリット

投資

メリット①:手数料が安い

メリットの1つ目は、手数料が安いことです。

  • 円貨決済:1ドルあたり25銭
  • 外貨決済:1ドルあたり2銭〜

少しでも手数料は抑えたい!という方には外貨決済がおすすめです。

メリット②: 外貨積立を使えば手間も少ない

メリットは、外貨積立を使えば手間も少ないことです。

SBIネット銀行では、「外貨積立」というサービスがあり、円→ドルを積立ることができます。

指定した金額を、月1回積立てたり、毎日積立てたりすることができます。

途中で解除や、変更は簡単にできます。

お金もかかりません。

デメリット:最初はやや複雑

デメリットは、最初はやや複雑であることです。

しかし、やり方を一度覚えてしまえば、簡単です。

  1. SBI銀行で外貨積立の設定
  2. SBI証券に外貨入金
  3. SBI証券で積立or購入

一度設定してしまえば、あとはSBI証券に適宜外貨入金していくだけです。

外貨入金は現段階では、自動化することはできません。

予め、大金を外貨入金をしておけばいいのですが、為替リスクをもろに受けてしまうため、おすすめしません。

外貨積立により、時間分散させて為替リスクを抑えるのがおすすめです。

やり方はYoutube動画で、米国株の買い方を紹介していますので、ぜひご覧ください。

円貨決済と外貨決済どっちがいいのか?

  • 細かいことを考えたくないという方には、円貨決済
  • 少しでも手数料を抑えたいという方には、外貨決済

をおすすめします。

私自身は、投資や節約が大好きなので、外貨決済を選択しています。

かもめ
かもめ

円貨決済を選ぶのも、ありだと思います。

円貨決済と外貨決済の違い・どっちがいいのか?解説 まとめ

本記事のまとめです。

キャプション
  • 円貨決済のメリット・デメリット
    • メリット①:細かいことを考えずに済む
    • メリット②:投資を完全自動化もできる
    • デメリット:手数料は外貨決済より高い
  • 外貨決済のメリット・デメリット
    • メリット①:手数料が安い
    • メリット②: 外貨積立を使えば手間も少ない
    • デメリット:最初はやや複雑
  • 円貨決済と外貨決済どっちがいいのか?
    • 細かいことを考えたくないという方には、円貨決済
    • 少しでも手数料を抑えたいという方には、外貨決済

ここまでよんでいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

投資は、学生時代から2年ほど経験があり、
インデックス投資・高配当株投資・仮想通貨投資をメインとしています。
これまで投資で得た経験を、投資初心者の方にもわかりやすく伝えていければと思います。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる