シンプルで高機能【SWELL】を使用しています

【おすすめ】在宅ワークで疲れない椅子【オフィスチェア】

「在宅勤務や家での作業で、疲れない椅子がほしい」

「コスパの良い椅子がほしい」

「使ってみた実際のレビューが知りたい」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • 在宅におすすめのオフィスチェア4選
  • SIHOOのおすすめポイント
  • SIHOOのちょっと気になる点



私は25歳のサラリーマンです。2020年10月にAmazonでオフィスチェアを購入しました。

購入の際も、迷いに迷って買いました。たくさんの種類がありすぎてわかんないですよね。

Amazonのレビューもサクラレビューとかあるし、どれが本当にいいかわからないと、不安がいっぱいでした。

3ヶ月ほど使ってみて、とても良い商品であったので、皆さんにも紹介したいと思います。

それでは解説して聞きます。

スポンサーリンク
目次

在宅におすすめのオフィスチェア4選

SIHOO 人間工学オフィスチェア ¥21,999

  • 値段はできるだけ抑えたけど、性能もよい椅子が欲しい方

私が実際に買った商品です。中国製ながら品質も高いです。最近の中国製は、値段も安いけど品質も高くびっくりします。

これ以上値段を下げると「疲れにくい」という条件を満たすのは難しいです。

イトーキ ¥34,900 

  • 国産チェアでコスパのいい椅子が欲しい方

やっぱり国産が安心という方で値段も抑えたいという方は、イトーキはおすすめです。

オカムラ コンテッサ ¥187,990

  • お金をかけてもいいから、とにかく疲れにくい椅子が欲しい方

お金を出せるのならこれが最もいい商品であると思います。

私自身は今の所得に見合っていないと感じたためスルーしましたが、本当にいい商品です。

AKRacing ゲーミングチェア ¥54,321

  • ゲーミングチェアがほしいと思っている方

ゲーミングチェアの本家本元である、AKRacingの商品です。

2万円ほどの、安いゲーミングチェアもありましたが、レビューをかなり調べたところあまり評判がよくありませんでした。

2万円ほどでしたらオフィスチェアをおすすめします。

SIHOOのおすすめポイント

実際に購入して3ヶ月使っている、SIHOOの使ってみてよかった点を6つ紹介していきます。

人間工学に基づいており疲れない

1つ目は、人間工学に基づいたデザインであり疲れにくいということです。

在宅ワークなどで、SIHOOのオフィスチェアを使用していますが、びっくりするぐらい疲れません。

お尻の力を分散するデザインになっているため疲れにくいです。

また、背もたれの角度も調節することができるため、自分が作業しやすい角度に調整することができます。

背もたれは、ダブルサポートを採用しており、もたれかかっても、しっかりと身体を支えることができるつくりになっています。

コスパが非常に良い

2つ目は、コスパが非常に高いことです。

疲れにくい品質のオフィスチェアを探すと30000円〜40000円くらいが相場になってきます。

SIHOOのオフィスチェアは20000円強で入手することができます。浮いたお金で、モニターや机など在宅ワーク環境を整えることをおすすめします。

背もたれがキシキシと言わない

3つ目は、背もたれがキシキシと言わないことです。

この点が購入にあたって一番不安でした。購入してから3ヶ月立ちますが、一度もキシキシといったことはありません。

オフィスチェア特有のあの音、嫌ですよね。とてもコスパの良い商品ですが、その点は安心して使用することができます。

音に敏感な方に特におすすめできます。

メッシュであり通気性がいい

4つ目は、メッシュであり通気性がいいことです。

背もたれがメッシュ素材であるため、背中が蒸れることがありません。特に夏場など背中が汗で蒸れてしまう不快ですよね。

たとえ冬であっても、暖房をつけていると、革の素材の椅子であると群れが心配です。

メッシュ素材は快適に在宅ワークを行うためにおすすめです。

ヘッドレストがついている

5つ目は、ヘッドレストがついていることです。ヘッドレストとは、頭の部分を支える機構です。

もしかすると、「ヘッドレストなんて使わないよ、邪魔なだけだよ」と思う方もいるかもしれません。

実は私も購入するまでそう思っていました。

しかし、実際に使ってみると、ヘッドレストあるとないとでは長時間仕事をする上では大きく疲れのたまり具合が変わっていきます。

ヘッドレストがついていると、仕事をしていて、少し一息つくときに、リラックスすることができます。椅子の角度は傾けずに、頭だけヘッドレストにつけることで、疲れが取れます。ヘッドレストにもたれながら、背伸びをすると最高ですよ。

そしてヘッドレストも45度回転可能、昇降機能も備えているため、自分の頭の位置にフィットさせることができます。

アームレストが上下・前後・左右全てに動かすことができる

6つ目は、アームレストが上下・前後・左右全てに動かすことができることです。

アームレストとは、腕おきのことです。ヘッドレストと同じく、長時間の仕事においては疲れ具合に大きく影響してきます。

そしてこの商品は、上下・前後・左右全てに動かすことができるため、自分や自分の机にあった最適な位置に置くことができます。

上下・前後・左右全てに動かすことができる商品は、この価格帯では稀であり、この商品の強みです。

SIHOOの商品の中でもアームレストが上下にしかか可動しない物があるので注意してください。先程掲載したAmazonページのものは、上下・前後・左右全てに動かすことできるため、特におすすめです。

SIHOOのちょっと気になる点

非常に満足していますが、ちょっと気になった点を2つ紹介します。

以下の点が、もし気になる、不安であるという方は、国産オフィスチェアである、イトーキの方がおすすめです。

梱包が多少雑である

1つ目は、梱包が多少雑であることです。ダンボールで梱包されてくるのですが、中身の梱包が少々雑でした。

中身の商品に傷がなかったため、商品自体に問題はないです。

日本人の梱包になれていると、気になる方はいらっしゃるかもしれません。

やはり日本の梱包はきれいですよね。海外の梱包の中では普通レベルだとおもいます。

見えない部分はつくりこまれていない(機能的には問題ない)

2つ目は、見えない部分はつくりこまれていないことです。

例えばチェアの足の部分の裏側やややきれいにつくられてはいません。

裏側は地面方向を向いているため、組み立てた後は一生見ることはないでしょう。ただ神経質な方だと、組み立ててる際に少し気になるかもしれません。

まとめ

本記事のまとめです。

おすすめオフィスチェア

  • SIHOO 人間工学オフィスチェア ¥21,999
  • イトーキ ¥34,900
  • オカムラ コンテッサ ¥187,990
  • AKRacing ゲーミングチェア ¥54,321

本記事では、実際に3ヶ月使ってみて、非常に満足しているSIHOOのオフィスチェアを紹介しました。

20000円くらいで、このクオリティの椅子が買えるんだとびっくりしました。中国製の椅子はどんどんクオリティがあがっていますよね。

SIHOOだけでなく、今回紹介した4つの椅子はどれもおすすめですので、自分にあったオフィスチェアを選んでいただければ嬉しいです。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

投資は、学生時代から2年ほど経験があり、
インデックス投資・高配当株投資・仮想通貨投資をメインとしています。
これまで投資で得た経験を、投資初心者の方にもわかりやすく伝えていければと思います。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる