シンプルで高機能【SWELL】を使用しています

【投資初心者】積立NISAとiDeCoはどっちがいいか?

困っている人
困っている人

「積立NISAとiDeCoの違いが知りたい」
「積立NISAとiDeCoどっちを始めようか迷っている」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • 積立NISAとiDeCoの違い
  • 積立NISAとiDeCoどっちがいいか

私は、投資に関する情報を発信している

かもめ
かもめ

積立NISAと、iDeCoはどちらも非課税で投資を運用できる制度です。

どっちを始めようか迷っているけど、違いがよくわからないという方も多いのではないでしょうか。

今回は、投資初心者でも、理解できるように解説していきます。

スポンサーリンク
目次

積立NISAとiDeCoの違い

投資

積立NISA

積立NISAは年間最大40万円20年間非課税で運用することができる制度です。

  • 最大で40万×20=800万円の元本を運用することができます。

通常投資をして獲得した利益には、税金が20%ほどかかります。

非課税であれば、利益を丸ごと受け取ることができます。

そして商品は、金融庁が優良商品だけを選択しているため、初心者も安心して投資を行うことができます。

また、積み立てた投資信託は、いつでも引き出し可能です。

非課税のメリットを最大限活かすためには、非課税の枠である20年以上運用した方がいいです。

しかし、急に資金が必要になった場合でも、柔軟に対応できるのは、積立NISAの良いところです。

iDeCo

iDeCoは、一言で言うと自分年金です。

「60歳以上・加入期間10年以上」の条件を満たした場合、受け取ることができます。

獲得した利益は非課税で受け取ることができます。

積立可能な金額は、自営業・公務員・会社員といった勤務形態により異なります。

  • 会社員:年額14.4万円or24万円まで
  • 公務員:年額14.4万円まで
  • 専業主婦:年額27.6万円まで

また、月額5000円以上、1000円単位といった縛りもあります。

一方で、60歳になるまでは、引き出すことができないため、自由度は低いです。

積立NISAとiDeCoどっちがいいか

まずは積立NISAがおすすめ

まずは、積立NISAから始めるのがおすすめです。

なぜなら、いつでも引き出しを行うことができるため、自由度が高いからです。

人生は、何が起きるかわかりません。

60歳以降に使おうと思っていても、結婚や育児などにより大金が必要になるかもしれません。

自由度が高い積立NISAをまずはおすすめします。

老後資金が必要な場合は、合わせてiDeCo

老後資金が必要な場合は、合わせてiDeCoを運用することをおすすめします。

もし、老後資金が必要と分かっているなら、iDeCoは素晴らしい選択肢になります。

私個人は運用していません。
理由は、セミリタイアを目指しており、老後の生活ではなく、今の生活を良くしたいからです。

かもめ
かもめ

この辺りは、どちらが正しいというわけではなく、考え方の違いです。

積立NISAとiDeCoはどっちがいいか?まとめ

本記事のまとめです。

  • 積立NISAとiDeCoの違い
    • 積立NISA:引き出しは自由
    • iDeCo:引き出しは運用10年以上かつ60歳以上
  • 積立NISAとiDeCoどっちがいいか
    • まずは積立NISAがおすすめ
    • 老後資金が必要な場合は、合わせてiDeCo

どちらも利益を非課税で運用することができる素晴らしい制度です。

目的に合わせて、利用してみてください。

今の生活もよくしたいと言う方は、高配当株投資もおすすめです。

以下の記事で紹介していますので、ぜひご覧ください。

あわせて読みたい
【VYM】高配当株の始め方 銘柄から買い方まで【初心者でも簡単】
【VYM】高配当株の始め方 銘柄から買い方まで【初心者でも簡単】こういった疑問に答えます。本記事の内容高配当株の始め方:銘柄高配当株の始め方:買い方高配当株に関するよくある疑問インデックス投資の次に、高配当株を始めたいと...

ここまでご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

投資は、学生時代から2年ほど経験があり、
インデックス投資・高配当株投資・仮想通貨投資をメインとしています。
これまで投資で得た経験を、投資初心者の方にもわかりやすく伝えていければと思います。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる