シンプルで高機能【SWELL】を使用しています

長期投資だとNG?iFreeレバレッジNASDAQ100の評価・メリット・デメリットを解説

困っている人
困っている人

「iFreeレバレッジNASDAQ100ってどんな銘柄なの?」
「iFreeレバレッジNASDAQ100の評価が知りたい」
「iFreeレバレッジNASDAQ100のメリット・デメリットが知りたい」

本記事の内容

iFreeレバレッジNASDAQ100とは

iFreeレバレッジNASDAQ100のメリット

iFreeレバレッジNASDAQ100のデメリット

私は、投資に関する情報発信を行っています。

かもめ
かもめ

iFreeレバレッジNASDAQ100に投資をしようかな、と思っている方も多いではないでしょうか。

やはり、リターンの高さは特筆すべきものがあり、魅力的ですよね。

結論から言うと、簡単に投資判断をせず、メリット・デメリットをよく知った上で投資することをおすすめします。

本記事を読めば、iFreeレバレッジNASDAQ100について、まるっと理解することができます。

それでは、解説していきます。

スポンサーリンク
目次

iFreeレバレッジNASDAQ100とは

iFreeレバレッジNASDAQ100とは

iFreeレバレッジNASDAQ100は、NASDAQ100に2倍のレバレッジをかけて投資できる投資信託です。

NASDAQ100とは、ナスダックに上場する、金融銘柄を除く、時価総額上位100銘柄で構成される指数です。

特徴は、米国IT企業のGAFAMが4割強を占めており、ITセクターに大きな偏りがあることです。

現在ITは絶好調であり、他のセクターに比べて、高いリターンを記録しています。

かもめ
かもめ
困っている人
困っている人

レバレッジって何?

レバレッジとは

レバレッジ商品とは、自己資金の何倍かの資金を利用して、取引を行う商品です。

少ない資金でも、何倍ものレバレッジ(てこ)をかけることで、大きな金額の取引をすることができます。

iFreeレバレッジNASDAQ100では、通常のNASDAQ100に、

2倍のレバレッジをかけて投資をすることができます。

iFreeレバレッジNASDAQ100のメリット

レバレッジを効かすことで、高いリターンを期待できる

レバレッジをきかすことで、高いリターンを期待できることです。

少額しか投資資金がない方でも、レバレッジをきかすことで高いリターンを期待できます。

直近1年間では、+88%と非常に高いリターンを記録しています。

iFreeレバレッジNASDAQ100のデメリット

信託報酬が高いため、長期投資では注意

1つ目は、信託報酬が高いことです。

iFreeレバレッジNASDAQ100の信託報酬は、0.99%とかなり高めです。

信託報酬を比較すると、レバレッジなしのNASDAQ100の銘柄の2倍、S&P約10倍です。

信託報酬とは、毎年かかる運用手数料のことです。

信託報酬は、毎年支払うことになるので、一見小さな額でも長期投資では、ボディーブローのように効いてきます。

かもめ
かもめ

よって長期投資では、信託報酬が高いことは、あまり好ましくないと言えます。

レバレッジのため、指数と乖離する可能性がある

2つ目は、レバレッジのため、指数と乖離する(はなれる)可能性があると言うことです。

2倍レバレッジといっても、長期的な値動きは厳密には2倍にはなりません

なぜなら、レバレッジ投資では、日々の値動きに対して2倍になっているからです。

例えば、翌日に10%値上がりし、翌々日に10%値下がった場合を考えます。

  • レバレッジなし:100→90(-10%)→99(+10%)
  • 2倍レバレッジ:100→80(-20%)→96(+20%)

最終結果は、99%と96%で、3%もの乖離が発生しています。

このようにレバレッジをかけることで、もとの指数からは離れてしまいます。

iFreeレバレッジNASDAQ100の評価・メリット・デメリットを解説 まとめ

本記事のまとめです。

まとめ
  • iFreeレバレッジNASDAQ100とは
    • NASDAQ100に2倍のレバレッジをかけて投資できる投資信託
  • iFreeレバレッジNASDAQ100のメリット
    • レバレッジを効かすことで、高いリターンを期待できる
  • iFreeレバレッジNASDAQ100のデメリット
    • 信託報酬が高いため、長期投資では注意
    • レバレッジのため、指数と乖離する可能性がある

大きなリターンを狙いに行くなら、ありな銘柄です。

ただし、長期投資においては、手数料が高いなど、デメリットも存在しています。

私個人としては、ポートフォリオの一部に組み入れたら面白いかなという印象です。

かもめ
かもめ

メインとして持つには、不安が残ります。

なお、投資信託の購入なら、楽天証券 が最もおすすめです。

楽天カードで投資信託を買えるため、非常にお得です。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

投資は、学生時代から2年ほど経験があり、
インデックス投資・高配当株投資・仮想通貨投資をメインとしています。
これまで投資で得た経験を、投資初心者の方にもわかりやすく伝えていければと思います。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる