シンプルで高機能【SWELL】を使用しています

【かんたん】鬱っぽい時の対処法【具体的な方法】


「なんだか最近うつっぽいな」

「うつっぽい時の対処法がしりたい」

「うつっぽい性格を変えたい」

このような悩みに答えます。

本記事の内容

  • うつっぽいときの対処法
  • うつっぽい性格の変え方
  • うつっぽい人におすすめの書籍


私は、25歳の新卒サラリーマンです。

去年までは、大学院で研究をしていました。

大学院での生活では、毎日鬱っぽく、本当に生きた心地がしないくらいつらかったです。

現在は、社会人として元気に暮らしています。

今の日本社会は誰もが、鬱っぽくなる可能性があります。

自分を責めないでください。

私が、1年前の自分に伝えたい内容を、記事にまとめました。

それでは解説していきます。

スポンサーリンク
目次

うつっぽいときの対処法

  • 一日3食の食事
  • 8時間以上の睡眠
  • 適度に運動

基本的には、「食事・睡眠・運動」です。

人間は「食事・睡眠・運動」さえできていれば、心身ともに健康に暮らすことができます。
本来単純な生き物なのです。

「食事・睡眠・運動といわれても、気分が悪くて、できないんだよなー」という方もいますよね。

安心してください。

うつっぽいときの具体的な対処法を3つお伝えします。

かんたんなことから、一つずつ始めていきましょう。

朝起きたら10分間日光を浴びる

1つ目は、朝起きたら日光浴びることです。

なぜなら、朝太陽を浴びることで「セロトニン」という幸せホルモンを分泌することができます。

太陽を浴びると、なんか気持ちが晴れ晴れしますよね。

朝太陽を浴びることは、とても身体にとって良いことなのです。

気分が沈んでいる時は、ついつい朝起きてから、部屋の中ですごしてしましますよね。

少しだけ勇気を出して、窓辺に近づき日光を浴びてみましょう。

ただ浴びるだけで大丈夫です。

比較的かんたんにできますよね。

時間は10分位でいいと思います。

「10分とか長いなー」って思うかもしれませんが、うつっぽい方は、少し長めでちょうどよいくらいです。

また、朝に日を浴びることで、夜眠くなります。

「夜眠くならないんだよなー」という方は、朝日を浴びていないことが大きく影響しています。

太陽を浴びることは、体内時計を整える効果があります。

朝散歩など軽い運動をする

2つ目は、朝散歩など軽い運動をすることです。

おすすめは、起きて顔を洗って後に朝散歩をすることです。

朝ごはんをたべる前にいってください。

時間の目安は15分から30分です。

朝散歩することで、気持ちよく一日のスタートをきることができます。

朝のスタートは非常に肝心です。

朝、もやもやとしたままスタートしてしまうと、一日中もやもやをひきづってしまいます。

セロトニンを活性化することで、意欲がわくようになります。

私自身も精神的に辛かった時期から、抜け出したきっかけが朝散歩です。

「ちょっとめんどくさいなー」と、思うかもしれませんが、やってみてください。

未来永劫やるわけではなく、朝散歩が今必要な習慣であるということです、

今では、散歩を行わずとも、メンタルを良好に維持できるようになりました。

最低8時間以上は寝る

3つ目は、最低8時間以上は寝ることです。

なぜなら、睡眠には身体でだけでなく、心の疲れを回復する効果があるからです。

しっかりと寝ていれば大丈夫だったことも、睡眠不足により、心が回復できず悩んでしまうというケースもよくあります。

特に、日本人の平均睡眠時間は6時間半と、世界でもワーストクラスです。

日本で暮らしていると、「6時間寝てれば十分寝てるじゃん」みたいな空気ありますよね。

人により、睡眠時間は異なるので自分が心身ともに、疲れがとれる時間しっかりと寝ましょう。

本当にごく一部のショートスリーパーとよばれる人以外は、最低でも8時間は寝てほしいです。

私は毎日9時間ほどねています。

もしかすると、「あんまり眠れないんだよなー」という方もいらっしゃるかもしれません。

眠れない方には、今回紹介した、

「朝起きたら10分間日光を浴びる」

「朝散歩をする」

を試してみてください。

大きく改善すると思います。

うつっぽい性格の変え方

次は、うつっぽい性格の変え方について変えていきます。

性格なんて変えられないよと思う方もいるかも知れません。



しかし、人間は変化する生き物です。

日々の行動、生活習慣や考え方を、変えて行くことで、人は変わります。


すぐに暗くなってしまう性格は、いきにくいです。

私の実体験からそう思っています。


全て変わる必要は、ありません。
少し変わって、生きやすく楽しく生活していけることを目指しましょう。

それでは、うつっぽい性格の変え方を3つ解説します。

ジムで筋トレをする

1つ目は、ジムで筋トレをすることです。

朝散歩ができるようになった方は、ジムで筋トレをはじめてみることをおすすめします。

ジムで筋トレするすると、性格が前向きになります。

ジムでは、身体だけでなく心を鍛えることができるのです。

もしかすると、「私は運動苦手だから。。。」という方もいるかもしれません。

しかし、筋トレは運動神経は全く関係ありません。

私自身も、運動は苦手ですが、筋トレを楽しくおこなうことができています。

詳しくは、こちらの記事をごらんください。

一つのコミュニティに依存しない

2つ目は、一つのコミュニティに依存しないことです。

なぜなら、一つのコミュニティに依存していると、
そのコミュニティでうまく行かないことがあると、「もう人生終わりだ」みたいな気分になってしまうからです。

社会人の方は、会社だけに依存しやすい傾向があります。

学生の方は、学校だけに依存しやすいです。

自分がメインとしていること以外に楽しみを見つけると、何かがだめになっても他の事があるため、気分が落ち込みにくいです。

なにかスポーツや新しい趣味を始めてみてはいかがでしょうか?

私自身、大学院生のときは、研究しかしておらず、鬱っぽくなりやすかったです。

あの時、筋トレなど趣味があったら楽だったろうなと、と心から思っています。

他人ではなく、昨日の自分と比較する

3つ目は、他人ではなく、昨日の自分と比較することです。

鬱っぽくなりやすい人の傾向として、
他人と比較して「自分はなんてだめな人間なんだ。。。」と落ち込みやすいです。

私もそうでした。

しかし、他人と比較していると幸せになることはできません。

なぜなら、他人と比較しつづけていると、その分野で1位になった人しか幸せになることができないからです。

比べるべきは、昨日までの自分です。

どんなに小さなことでも、昨日より少しでもできることが増えたなら、素晴らしいことです。

うつっぽい人におすすめの書籍

最後におすすめの書籍を3冊紹介します。

  • 嫌われる勇気

  • 幸せになる勇気

  • 反応しない練習

「本なんて普段読まないよ」という方もいるかもしれません。

私自身も、1年前は全くと行っていいほど本をよみませんでした。

本を読むことで、多くの悩みを解決することができます。

私達が悩むことは、大抵の場合、すでに誰かが直面してきているからです。

どれからでもいいので、興味のわくものからよんでみてください。

人生変わります!

まとめ

本記事のまとめです。

  • うつっぽいときの対処法
    • 朝起きたら10分間日光を浴びる
    • 朝散歩など軽い運動をする
    • 最低8時間以上は寝る
  • うつっぽい性格の変え方
    • ジムで筋トレをする
    • 一つのコミュニティに依存しない
    • 他人ではなく、昨日の自分と比較する

ひとつでも取りいれれられるものがあったら、是非試してみてください。

一気に全部やる必要は、ありません。

ひとつずつ、コツコツと積み上げていきましょう。

この記事を読んでいる皆さんが、少しでも、楽しく毎日を生きられるようになることを、心から願っています。



ここまで、読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

投資は、学生時代から2年ほど経験があり、
インデックス投資・高配当株投資・仮想通貨投資をメインとしています。
これまで投資で得た経験を、投資初心者の方にもわかりやすく伝えていければと思います。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる