シンプルで高機能【SWELL】を使用しています

【2021】生産性向上!Apple信者が選ぶ MacBookのおすすめ初期設定7選【M1 Mac】

困っている人
困っている人

「WindowsからMacに変えて初期設定がわからない」
「Macのおすすめの設定をおしえて!」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容
  • MacBookのおすすめ初期設定

私は、MacBook大好きで、毎日のようにMacBookを使っています。

MacBookの、生産性を上げられないかと試行錯誤してきました。

MacBookにまだ慣れていない方や、もっと生産性を上げたい方にむけて、おすすめの設定7選を紹介してきます。

それでは解説していきます。

スポンサーリンク
目次

MacBookのおすすめ初期設定7選

ポインタ速度をMaxにする

システム環境設定→トラックパッド→ポイントとクリック→「軌跡の速さ」を一番右に

1つ目は、ポインタ速度をMaxにすることです。

理由は、ポイント速度を上げることで、トラックパッドやマウスを使った作業スピードを、大きく向上させることができるからです。

パソコンを使っていると、ポインタは、よく使いますよね。

例えば、Googleで記事をクリックするためにポインタを動かす、という感じです。

ポインタ速度は、速ければ速いほど、短い時間でカーソルを動かすことができるため、時間を短縮することができます。

困っている人
困っている人

「ポインタ速度が早すぎると使いにくそうだなー」

大丈夫です。

かもめ
かもめ

人間の慣れの力は、すさまじく、むしろ使いやすくなります。

1週間も使っていれば、慣れてしまいます。

トラックパッドの設定をカスタマイズする

システム環境設定→トラックパッド→ポイントとクリック→「タップでクリック」にチェック

2つ目は、トラックパッドの設定をカスタマイズすることです。

タップでクリックにチェックを入れます。

この設定により、「トラックパッドを軽くタップしただけで、クリックできる」ようになります。

ストレスなく楽に、クリックを行うことができるようになります。

1つ目に紹介した「ポインタ速度」の設定と合わせることにより、トラックパッドをストレスなく操作することができるようになります。

タップでクリックを設定していないと、強くトラックパッドを押さなければ、クリック操作を行うことができません。

困っている人
困っている人

「私はマウス派だから関係ないなー」

ぜひMacBookを買ったら、トラックパッドを積極的に使って欲しいです!

かもめ
かもめ

MacBookのトラックパッドは、他のPCと一味違います。 

MacBookのトラックパッドは、反応がよく、摩擦も少なく触り心地も良いです。

私自身も、MacBookを使うまではマウス派でした。

MacBookに変えてからは、トラックパッドを愛用しており、ほとんどマウスを使いません。

動画編集やイラスト制作など以外であれば、トラックパッドの方が、操作がしやすいです。

また、生産性の観点でも、マウスを使用すると、パソコンから大きく手が離れるため、作業速度が落ちてしまうため、トラックパッドを使うのをおすすめします。 

バッテリーをパーセント表示に変える

システム環境設定→Dockとメニューバー→バッテリー→「割合(%)を表示」にチェック

3つ目は、バッテリー表示をパーセント表示に変えることです。

パーセント表示に変えることにより、バッテリーがあとどれくらいで無くなるかを、一目瞭然で知ることができます。

とても便利な機能なので、設定しておきましょう。

Finderをカスタマイズする

Finder→環境設定→「最近使ったタグ」以外にチェックを入れる

4つ目は、Finderをカスタマイズすることです。

FinderはWindowsでいうところの、エクスプローラーです。

Finderにはよく使う項目を表示させておきましょう。

おすすめは「最近使ったタグ」以外にチェックを入れることです。

右上のメニューバーをカスタマイズする

システム環境設定→サウンド→一番下にある「メニューバーに音量を表示」にチェック
他の設定(Bluetooth, Timemachine)も同様

5つ目は、メニューバーをカスタマイズすることです。

メニューバーに、よく使う項目を設定することで、スムーズに操作を行うことができます。

おすすめは「サウンド、Bluetooth、Timemachine」です。

サウンドを設定しているのは、Bluetoothイヤホンのペアリングがうまくいかない時、サウンドから選択すると、Bluetoothのペアリングがうまくいく場合があるからです。

Dockをカスタマイズ

システム環境設定→Dockとメニューバー→「Dockを自動的に表示/非表示」にチェック
システム環境設定→Dockとメニューバー→右上の「拡大」にチェック

6つ目は、Dockをカスタマイズすることです。

Dockは、自動的に隠すように設定しておきましょう。

常に表示していると、画面下のスペースをしめてしまうため、自動的に隠した方が使いやすいです。

また、拡大設定をしておくと、さらに使いやすくなります。

スクリーンショットの保存先を変える

7つ目はスクリーンショットの保存先を変えることです。

デフォルトでは、スクリーンショットの保存先がデスクトップになっているため、使いづらいです。

ピクチャフォルダにScreencapturesというフォルダをつくり、保存先を変えましょう。

ターミナルというアプリ(最初から入っています)を使います。

「なんか難しそうだな」と思った方もいるかもしれません。

大丈夫です。難しそうに見えますが、下記の手順でやれば簡単に変更することができます。

  1. ピクチャフォルダにScreencapturesというフォルダをつくる
  2. ターミナルを起動
  3. defaults wirte com.apple.screencapture location ~/Pictures/Screnncaptures を入力
  4. Killall systemUIServer を続けて入力

スクリーンショットは「コマンド+Shidt+4」で撮ることができます。

余談ですが、MacBookでは、デスクトップには何も置かないのがおすすめです。

デスクトップに、ファイル等をおいておくと、ごちゃごちゃとして整理がつかず、使いづらいです。

まとめ

本記事のまとめです。

本記事のまとめ
  1. ポインタ速度をMaxにするトラックパッドの設定をカスタマイズする
  2. バッテリーをパーセント表示に変える
  3. Finderをカスタマイズする
  4. 右上のメニューバーをカスタマイズする
  5. Dockをカスタマイズ
  6. スクリーンショットの保存先を変える

今回紹介した、設定をぜひ試してみてください。

きっと今までよりも、MacBookを快適に使うことができると思います!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

投資は、学生時代から2年ほど経験があり、
インデックス投資・高配当株投資・仮想通貨投資をメインとしています。
これまで投資で得た経験を、投資初心者の方にもわかりやすく伝えていければと思います。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる