シンプルで高機能【SWELL】を使用しています

【徹底解説】投資初心者は何からはじめたらよいか【投資手法から銘柄まで】


「投資をはじめたいけど何から始めたら良いのかな。」
「そもそもどこで買えば良いのいいかわからないな。」
「初心者におすすめの銘柄が知りたいな。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • 投資初心者は何から始めたらよいか
  • 投資初心者におすすめの買い方
  • 投資初心者におすすめの銘柄

この記事を書いた私は、投資をはじめてから、1年間2ヶ月経過中で、日々投資に対して勉強中です。1年強で370000円ほど積立中で、利益は、24000円ほどです。(2020年11月現在)

私も、一年ほど前に月500円の少額積立から開始したため、その経験を活かし、初心者に対して役に立つ発信がしたいと思い記事を書きました。

スポンサーリンク
目次

投資初心者は何から始めたらよいか【積立NISA】

結論として、投資初心者がまず始めるのに投資のおすすめは、積立NISAです。積立NISAは初心者のために国が用意した制度であり、少額からはじめることができるにも関わらず、最もお得な制度だからです。
まず、積立NISAが投資初心者にとっておすすめな理由を2つ紹介していきます。

積立NISAは100円から始めることができる

積立NISAが投資初心者にとって、おすすめの理由の一つは、100円という少額から投資を始めることができるからです。

積立NISAというお得な制度は、投資信託という投資手法で使うことができます。そしてこの投資信託は少額から始めることができる投資手法です。投資信託とは、ご飯で例えると、定食のような商品です。プロが市場から選んできたよりすぐりの食材を、定食にしたてた商品であるため、初心者にはおすすめです。それぞれの食材を選ぶ(株を選ぶこと)必要がありません。様々な定食から自分にあったものを選ぶことができます。

そして投資信託はなんと100円という少額からからはじめることができます。個別株などは、一口単位からしか買うことができず、安いものでも一口あたり1万円程度します。初心者の方は、投資信託のような少額からはじめることをおすすめします。

もしかすると、100円なんて少額からはじめても意味がないんじゃないの?と思う方もいるかもしれません。

少額投資はやる意味がある

私は少額投資をする意味は大いにあると考えています。なぜなら、金額に関わらず投資の経験を積むことに意味があると考えているからです。投資に限ったことではありませんが、実際に自分で行動して自分の経験になってはじめて理解することができます。自分で投資をしてみて、わからないことを調べながら自分の経験を通じて深く理解することができます。しかし、そこには多少なりともリスクが伴います。リーマンショックや、コロナショックなどがいい例でしょう。そこで、100円から投資ができる投資信託は投資初心者に最適な投資手法なのです。

積立NISAは利益が非課税である

もう一つの理由は、積立NISAでは利益が非課税となるからです。一般的に投資では、利益に対して税金がかかります。利益に対して税金がかかるのは、投資信託に限ったことではなく、ほとんど全ての投資手法に関して当てはまります。

例えば5000円の利益が出たとしたら、そこから1000円ほどの税金がとられ、実際に受け取ることが出来る金額は4000円になります。

しかし、積立NISAでは利益に対して税金がかかりません。つまり、積み立てNISAでは、5000円の利益が出たとしたら、まるまる5000円受け取ることができます。

  • 普通の投資: 利益5000円→税金→手元に4000円
  • 積立NISA : 利益5000円→手元に5000円

積立NISAのメリットはわかったけど、デメリットはないの?と思う方もいるかもしれません。デメリットを上げるとすると、年間40万円までしか積み立てることができないということがあります。

以上2つの理由から、投資初心者がまず始めるべきことは、積立NISAです。

投資初心者におすすめの証券口座は楽天証券

投資初心者におすすめの証券口座は楽天証券です。

楽天証券はネット証券の一つであり、絶大な人気を誇っています。おすすめの証券口座は楽天証券とSBI証券ですが、特に楽天証券が現状最もおすすめな証券口座です。

楽天証券はこちら

楽天証券がおすすめの理由は、大きく3つあります。

クレジットカード払いができる

1つ目は楽天証券では、投資信託の購入においてクレジットカード決済ができることです。

楽天証券では、なんと月5万円まで楽天カードに限り、クレジットカード決済をおこなうことができます。楽天カード決済できることが、楽天証券の最大の魅力といってもいいかもしれません。もちろん積立NISAもクレジットカード払いができます。

楽天カード決済で、1%のポイントがつく

例えば、月5万円投資信託を購入したとすると、年間60万円購入することができます。そのうちの1%にポイントが付きます。 なんとポイントだけで年間6000ポイント(1ポイント1円の価値があるため、6000円と同価値です)を獲得することができます。そして獲得したポイントは、また投資信託の購入に使うことができるため、ほぼ現金としてもらえるようなものです。もちろんポイントは街で飲食店やショッピングに使うこともできます。

支払い方法は様々選ぶことができますが、クレジットカード払いを断然おすすめします。

手数料が安い

2つ目は、楽天証券では手数料が安いことです。

楽天証券では、投資信託の買付手数料は0%です。安いというか、0円です。買付手数料とは、株式や投資信託等を購入するときに、販売会社である証券会社や銀行などで注文を取り次ぎするための対価として支払う手数料のことです。

楽天証券をはじめとしたネット証券では、買付手数料のような手数料が格安であることが多いです。一方で、銀行などで売られている投資信託では、手数料が高く、手数料で設けるビジネスモデルとなっています。絶対に、手数料の面から、楽天証券のようなネット証券で購入することをおすすめします。

他に気にするべき手数料として、信託報酬があります。記事の後半にて説明していきます。

サイトが使いやすい

3つ目は、楽天証券のサイトが使いやすいことです。

楽天証券はサイトが使いやすく、直感的に使うことができます。ネット証券は、購入方法がむずかしそうと、思う方もいるかもしれませんが、楽天証券では非常に簡単です。サイトの使いやすさという点に関しては、どのネット証券より優っていると思います。次の章でおすすめの銘柄も紹介しているので、迷うことは殆どないと思います。

以上、3つの理由から、おすすめする証券口座は、楽天証券です。

投資初心者におすすめの投資手法は、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

投資初心者におすすめの銘柄は、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)です。

この商品は、楽天証券で購入することできます。もちろん、積立NISAにも対応しています。

この商品がおすすめな理由を3つ紹介します。

インデックスファンドである

1つ目は、インデックスファンドであることです。インデックスって何?と思った方もいるかもしれません。安心してください。ざっくりと説明していきます。

投資信託は、インデックスファンドとアクティブファンドの2つに分けられます。

しかし、インデックスファンドはアクティブファンドに比べて、運用実績が上回ることが証明されています。アクティブファンドでは、運用の手間(人件費)がかかるため、コストが大きくなってしまうためです。

投資の神様であるウォーレン・バフェット氏は、生前に妻に対して「私が死んだらS&P500(インデックス投資の有名な指標)を買え」という言葉を残しました。

インデックス投資の必勝法は、ドルコスト平均法で長期積立

インデックス投資の買い方は至ってシンプルです。ドルコスト平均法で長期積立することです。

  • ドルコスト平均法:価格が変動する金融商品を常に一定の金額で、かつ時間を分散して定期的に買い続ける手法

毎月決まった金額を積み立てることにより、株価が安い時にたくさんの株数を買い、株価が高いときに少ない株数を買うことができます。また、一度にどかっと買うようなことはせず、長期間に渡り少しずつ買うことにより(時間を分散)、リスクを低減させます。そして経済は右肩上がりに成長するため、長期間保有することで、資産を最大化させることができます。

インデックス投資の利回り目安は年利5%といわれており、堅実に資産を増やしていく手法です。

手数料最安を公言している

2つめは、手数料最安を公言しているからです。

楽天証券では、投資信託における購入手数料がゼロ円と先ほど説明しました。それに加えて、銘柄ごとに信託報酬というものがかかります。信託報酬とは、投資信託を管理・運用してもらうための経費として、投資信託を保有している間、支払う費用のことです。信託報酬はすべての投資信託にかかります。

eMAXIS Slimシリーズでは、「業界最低水準の運用コストを将来に渡って目指し続ける」とうたっています。そして、eMAXIS Slimシリーズは2020年11月現在、信託報酬はトップ水準に低いです。

例えば、おすすめしているeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の信託報酬は、0.1144%(2020年11月現在)です。ひどい投資信託だと、2%前後のものも存在しています。5%の利益を狙うのに、そのうち半分程度を手数料にとられていたのでは、たまったものじゃありません。

全世界の株式に投資することができる

3つ目の理由は、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)では、全世界の株式に分散投資を行うことができるからです。

この銘柄を買うことは、全世界の経済は成長するという考えのもとになりたっています。

もう一つおすすめを上げるとすると、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)です。過去10年では米国株式の方が利回りが高くなっています。よってより高パフォーマンスを狙う方におすすめです。しかし、米国株式を選ぶということは、米国の経済は成長するという考えのもとになりたっています。

全世界株式と全米株式どちらがいいかといわれると、答えは「どちらでもいい、買い続けられられる方」です。正直いってこの2つはどちらも素晴らしい投資証券であり、多くの確率でリターンを生むことができるでしょう。

買い続けることができる(=信じることができる)銘柄を選ぶ

しかし、インデックス投資において最も大切なことは、買い続けることです。株価が上がっても下がっても愚直に買い続けることができた人が勝てる投資手法なのです。よって買い続けられる、つまり業績の悪いときでも、信じて買い続けられる銘柄を選ぶことが重要です。私は、もしアメリカが最悪な状態になったときに、アメリカ1国を信じて買い続けられる自信がないため、全世界株式を現在選んでいます。

以上3つの理由から、おすすめする銘柄はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)です。

まとめ

本記事のまとめです。

  • 初心者にまずおすすめの投資は、積立NISA
  • 初心者におすすめな証券口座は、楽天証券
  • 初心者におすすめな銘柄は、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)、アメリカの成長を信じる事ができる人は、eMAXIS Slim 全米株式

この記事を読んだみなさんが、100円から自分で投資を始める手助けになれば嬉しいです。ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

投資は、学生時代から2年ほど経験があり、
インデックス投資・高配当株投資・仮想通貨投資をメインとしています。
これまで投資で得た経験を、投資初心者の方にもわかりやすく伝えていければと思います。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる