シンプルで高機能【SWELL】を使用しています

少額で高配当株を買うのはNG?実際に80万円分高配当株を運用して分かったこと

困っている人
困っている人

「高配当株って少額から運用してもいいの?」
「少額運用している人の生の声が聞きたい」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容
  1. 高配当株の少額運用に反対意見がある理由
  2. 高配当株を少額運用するメリット

私は、約半年前に高配当株を始めて、現在約80万円分保有しています。

かもめ
かもめ

高配当株投資を、少額から始めようか迷っているという方も多いのではないでしょうか。

しかし、ググったりTwitterを見てみると、批判的な意見もありますよね。

今回は、実際に少額から投資を始めた私が、半年間運用してみてわかったことを解説していきます。

それでは、始めます。

スポンサーリンク
目次

高配当株の少額運用に反対意見がある理由

まずは、高配当株の少額運用に反対意見がある理由を紹介します。

よくある意見が、次の2つです。

配当金に税金がかかるためトータルリターンが減る

1つ目は、配当金に税金がかかるためトータルリターンが減ることです。

全体として、受け取ることできるリターンが減ってしまうため、もったいないという意見です。

確かに、トータルリターンでは負けがちです。

しかし、私としては、トータルリターンにのみ着眼するのは、公平ではないという考えです。

高配当株には、高配当株にしかないメリットがあります。

高配当株は、トータルリターンが多少下がる分、定期的なキャッシュフローを得ることができます。

このキャッシュフロー分に価値を見いだせるなら、少額から高配当株はありだと考えています。

使いみちは、

  • 自己投資に使う
  • 配当再投資に使う

など自由に選ぶことができます。

配当金は使いみちの自由度で優位性があります。

インデックス投資でまずは資産を膨らませるべき

2つ目は、インデックス投資でまずは資産を膨らませるべきという考えです。

しかし、そもそもインデックス投資と高配当株は向き不向きが大きく異なります。

  • インデックス投資:資産の最大化に向く
  • 高配当株:セミリタイアやFIREに向く

このようにセミリタイアを目指している人は、やはり高配当株の方がどちらかというと相性がいいです。

配当金というキャッシュフローを安定的に得ることができるからです。

暴落への耐性も、株価に比べて配当金は高いです。

一方で、インデックス投資はいくら資産が増えても、売らなければキャッシュを得ることはできません。

高配当株を少額運用するメリット

それでは、高配当株を約80万円実際に運用して感じたメリットについて解説します。

毎月セミリタイアに近づいているという実感が持てる

1つ目は、毎月セミリタイアに近づいているという実感が持てることです。

私自身最大のメリットだと感じています。

かもめ
かもめ

高配当株投資は、少しずつ受け取る配当金が増えていくことが確認できます。

先月は1000円だった配当金が2000円になった!

このような小さな成長でもとても嬉しさを感じます。

自分が目指すセミリタイアへ着々と近づいていることを実感できます。

なお、配当金の管理は、無料で使用できる「配当管理」というアプリがおすすめです。

一方でインデックス投資の場合は、ただただ資産が増えているだけで、なかなか実感を持ちにくいです。

入金さえすれば、キャッシュフローが手に入る

2つ目は、入金さえすれば、キャッシュフローが手に入ることです。

たとえ少額投資でも、確実に配当金は貰えます。

困っている人
困っている人

当たり前じゃない?

例えば、副業を始めた場合、努力量と収益は必ずしも一致しません。

かもめ
かもめ

しかし、高配当株投資の場合、配当のめどが立ちやすいです。

(もちろん減配リスクはありますが、株価の暴落よりは小さい場合が多いです。)

よって、非常にモチベーションが保ちやすいです。

ただし、高配当株投資は爆発力がないため、セミリタイアを目指すなら、副業も並行して進めることがおすすめです。

(世帯年数1000万超なら、副業なしでも可能です。)

増配の力を活かすことができる

3つ目は、増配の力を活かすことができることです。

例えば、米国高配当株であるVYMやHDVは、増配率が6%ほどあります。

もし、過去と同じ増配率なら、今後10年で受け取ることができる配当金は2倍になります。

早くから始めることで、小さな配当金も大きな配当金に成長する可能性があります。

買い時を自分の経験から学ぶことができる

4つ目は、買い時を自分の経験から学ぶことができることです。

暴落時に、買い増しすることができれば、配当利回りを上げることができます。

しかし、初心者の頃はいつが買い時なのかさっぱりわかりません。

私も半年間実際に投資をする実体験から、徐々に学んでいます。

かもめ
かもめ

このように経験を積み買い時を学ぶことは、高配当株投資においては特に重要です。

少額で高配当株を買うのはNG?実際に80万円分高配当株を運用して分かったこと まとめ

本記事のまとめです。

まとめ
  1. 高配当株の少額運用に反対意見がある理由
    1. 配当金に税金がかかるためトータルリターンが減る
    2. インデックス投資でまずは資産を膨らませるべき
  2. 高配当株を少額運用するメリット
    1. 毎月セミリタイアに近づいているという実感が持てる
    2. 入金さえすれば、キャッシュフローが手に入る
    3. 増配の力を活かすことができる
    4. 買い時を自分の経験から学ぶことができる

少額からでも高配当株投資を始めるのは、とてもおすすめです。

かもめ
かもめ

もちろん否定する意見もありますが、

他人の意見に惑わされず、まずは自分の目で確かめてみることが大切です。

投資に正解はなく、投資手法との相性もあります。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

投資は、学生時代から2年ほど経験があり、
インデックス投資・高配当株投資・仮想通貨投資をメインとしています。
これまで投資で得た経験を、投資初心者の方にもわかりやすく伝えていければと思います。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる