シンプルで高機能【SWELL】を使用しています

【米国高配当ETF】HDVの構成銘柄【2021年版】

Jcomp – jp.freepik.com によって作成された background 写真

困っている人
困っている人

「HDVの構成銘柄が知りたい」
「HDVってどんな銘柄なの?」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容
  1. HDVの構成上位10銘柄
  2. HDVの構成セクター

私は、インデックス投資・高配当株投資・仮想通貨などの情報発信を行なっています。

かもめ
かもめ

今回は、米国高配当ETFとして人気の高いHDVの構成銘柄に関して解説します。

なお、HDVに関する詳細は、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

あわせて読みたい
【米国高配当ETF】HDVとは?メリット&デメリットを紹介
【米国高配当ETF】HDVとは?メリット&デメリットを紹介Jcomp – jp.freepik.com によって作成された background 写真こういった疑問に答えます。本記事の内容HDVとはHDVのメリットHDVのデメリット米国高配当ETFとして人気の高...

それでは、解説していきます。

スポンサーリンク
目次

HDVの構成上位10銘柄

HDVの上位10銘柄は以下のとおりです。

HDVは、全75銘柄中、上位10銘柄だけで6割ほどをしめており、かなり上位10銘柄が大部分をしめています

それでは、10銘柄を簡単に紹介していきます。

1位 エクソンモービル

1位はエクソンモービルです。

エクソンモービルは石油メジャー企業です。

またアメリカで最大の石油メジャー企業です。

石油メジャーとは、石油の開発、精製、販売までの一貫した事業を
世界で幅広く展開している企業のことです。

連続増配年数は、38年です。

現在の配当利回りは、6.2%です。

2位 AT&T

2位はAT&Tです。

AT&Tは、通信事業の会社です。

またアメリカで最大の通信事業会社です。

通信企業はイメージがわきやすいのではないでしょうか。

日本でいえば、NTT・KDDIといった会社が有名ですよね。

通信企業は、新規参入が難しく、安定的な安定的な事業が
期待できます。

連続配当年数は、36年です。

現在の配当利回りは、7.0%です。

3位 シェブロン

3位はシェプロンです。

シェプロンは、アメリカで第2位の石油メジャー企業です。

アメリカで第1位は先程紹介したエクソンモービルです。

連続増配年数は、34年です。

現在の配当利回りは、5.0%です。

4位 ジョンソン・エンド・ジョンソン

4位はジョンソン・エンド・ジョンソンです。

ジョンソン・エンド・ジョンソンは、家庭用から医療用まで手掛ける
世界最大のヘルスケア製品会社です。

日本では、「バンドエイド」の会社として有名です。

キズパワーパッドなど、一度は使ったことがある方が多いのではないでしょうか。

その他には、マウスウォッシュの「リステリン」や
コンタクトレンズの「アキュビュー」が有名です。

連続増配年数は、58年です。

現在の配当利回りは、2.5%です。

5位 ベライゾン・コミュニケーションズ 

5位は、ベライゾン・コミュニケーションズです。

ベライゾン・コミュニケーションズは
アメリカ第2位通信事業会社です。

通信事業のアメリカ1位は、先程紹介したAT&Tです。

連続増配年数は、14年です。

配当利回りは、4.5%です。

6位 P&G

6位はP&Gです。

P&Gは、世界最大の生活必需品メーカーです。

一度は名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

商品としては、衣料用洗剤の「アリエール」や「レノア」が有名です。

ホームケア用品の「ファブリーズ」や「ジョイ」も有名です。

ヘアケア用品の、「パンテーン」や「h&s」もP&Gの商品です。

男性であれば、シェーバーの「ブラウン」や「ジレット」は誰もが知っているでしょう。

このように誰もが日常的に使っている生活必需品メーカーの
トップがP&Gです。

連続増配年数は、64年です。(今回紹介する銘柄で最長)

現在の配当利回りは、2.5%です。

7位 ファイザー

7位はファイザーです。

ファイザーは世界第2位の製薬会社です。

製薬会社の売上世界第1位は、スイスの「ロシュ」です。

ファイザーは、コロナウイルスのワクチン開発で
最近耳にした方もいらっしゃるかと思います。

連続増配年数は、12年です。

現在の配当利回りは、4.4%です。

8位シスコシステムズ

8位はシスコシステムズです。

シスコシステムズは、世界最大のコンピュータネットワーク機器開発会社です。

ネットワーク機器をメインに、テレビ会議システムやセキュリティソフトも手掛けています。

連続増配年数は、10年です。

現在の配当利回りは、3.0%です。

9位 コカ・コーラ

9位はコカ・コーラです。

コカ・コーラは、世界最大の清涼飲料水を製造販売する会社です。

コカ・コーラは今回紹介する10企業の中で、最も有名かと思います。

コカ・コーラ社がつくっているのはコカ・コーラだけではありません。

缶コーヒー「ジョージア」や、お茶「爽健美茶」などあらゆる清涼飲料水を手掛けています。

よく街なかで、コカ・コーラの自動販売機をみかけますよね。

連続増配年数は、58年です。

現在の配当利回りは、3.3%です。

10位 メルク・アンド・カンパニー

10位はメルク・アンド・カンパニーです。

メルク・アンド・カンパニーは世界第4位の製薬会社です。

主に医薬品やワクチンの開発を行っています。

連続増配年数は、10年です。

現在の配当利回りは、3.4%です。

HDVの構成セクター

HDVの構成セクターは、多い順にエネルギー・ヘルスケア・通信・生活実需品です。

これら上位4セクターで7割ほどをしめています。

HDVは景気に変動されにくいディフェンシブな銘柄に集中して投資がされている、手堅い投資先ということがいえます。

投資先に偏りがあるため、SPYDと組み合わせることでうまく分散投資できます!

まとめ

本記事のまとめです。

本記事のまとめ
  1. HDVの構成上位10銘柄
    1. 上位10銘柄だけで6割を占める
    2. すべての銘柄が、連続増配率10年以上
  2. HDVの構成セクター
    1. エネルギー・ヘルスケア・通信・生活実需品に偏り
    2. 景気に変動されにくいディフェンシブな銘柄に集中

HDVの構成銘柄について紹介しました。

今回の記事を通してHDVの中身まで知ることができたのではないでしょうか?

HDVの上位10銘柄は、各分野で世界最大級の売上をしめている、超1流企業ばかりです。

連続増配率も、上位10銘柄は全て10年以上です。

HDV自体の配当利回りに関しては、以下の記事で詳しく解説していますので合わせて御覧ください。

あわせて読みたい
【米国高配当ETF】 HDVの配当利回りの推移【2021年】
【米国高配当ETF】 HDVの配当利回りの推移【2021年】Jcomp - jp.freepik.com によって作成された background 写真こういった疑問に答えます。本記事の内容HDVの配当利回りHDVの買い時米国高配当ETFの「HDV」は配当利回りも...

ここまでよんでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

投資は、学生時代から2年ほど経験があり、
インデックス投資・高配当株投資・仮想通貨投資をメインとしています。
これまで投資で得た経験を、投資初心者の方にもわかりやすく伝えていければと思います。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる