シンプルで高機能【SWELL】を使用しています

グロース株とバリュー株投資の違い・メリット・デメリットを解説!どっちがいいのか?

困っている人
困っている人

「グロース株とバリュー株の違いが知りたい」
「グロース株とバリュー株のどっちがいいのか?」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

グロース株とバリュー株の違い
グロース株・バリュー株をおすすめする人

私は投資に関する情報発信を行なっています。

かもめ
かもめ

グロース株投資も、バリュー株投資もどちらも実際に行なっています!

グロース株投資にするか、バリュー株投資にするか、どっちにしたらいいの?と迷っている方も少なくないと思います。

本記事をよめば、グロース株とバリュー株のことを、まるっと理解することができます。

それでは、解説していきます。

スポンサーリンク
目次

グロース株とバリュー株の違い

グロース株とバリュー株の違いは、株の性質が違います。

グロース株とは

グロース株とは、 

売上や利益の成長率が高く、今後も株価の成長が期待できる銘柄です。

例えば、

  • アップル
  • アマゾン
  • フェイスブック

などのGAFAMと呼ばれる、今をときめくIT企業が代表的です。

バリュー株とは

バリュー株とは、

株価が割安で放置されている銘柄のことを指します。

つまり、企業が持つ価値に比べて、株価が安いということです。

割安かどうかは、PERPBRといった指数で比較することができます。

例としては、以下のような数値で確認できます。

  • PER:15倍以下
  • PBR :1倍以下

PERやPBRに関しては、詳しく以下の記事で解説していますので、ぜひご覧ください。

あわせて読みたい
PER・PBRの違いを解説、PER・PBRは何倍がいいのか?
PER・PBRの違いを解説、PER・PBRは何倍がいいのか?こういった疑問に答えます。本記事の内容PER・PBRの違いPERとPBRは何倍ならいいか?PERやPBRは、個別株投資を行なっているかったは、一度は聞いたことがある方も、いら...

例えば、PER=1を切っている、つまりバリュー株は以下の通りです。

  • 三菱商事:0.69倍
  • 三井住友FG:0.45倍
  • みずほ銀行:0.44倍

多くが、不人気で成長性が乏しい(と思われている)企業です。

グロース株・バリュー株をおすすめする人

投資

グロース株投資は、資産を最大化したい人

グロース株投資は資産を最大化したい人におすすめです。

なぜなら、グロース株投資では、多くのキャピタルゲインを見込めるからです。

キャピタルゲイン:株価の値上がり益のこと

一方で、配当は少ないので、配当金を得たい方には向いていないです。

グロース株は、株主に配当金を出すよりも、自社の成長に投資した方が株価の値上がりにつながるからです。

例えば、Amazonは、無配です。

バリュー株投資は、配当を得たい人

バリュー株は、配当金を得たい人におすすめです。

バリュー株は、成長性が乏しい代わりに、配当金を多く出す企業が多いです。

一方で、投資に時間をかけたくない方には、あまり向いていません。

割安かどうかを知るために、財務諸表を読めることが望ましいです。

グロース株とバリュー株投資の違い・メリット・デメリットを解説!どっちがいいのか? まとめ

本記事のまとめです。

まとめ
  • グロース株とバリュー株の違い
    • グロース株:今後も株価の成長が期待できる銘柄
    • バリュー株:株価が割安で放置されている銘柄
  • グロース株・バリュー株をおすすめする人
    • グロース株投資は、資産を最大化したい人
    • バリュー株投資は、配当を得たい人

どちらかだけがいい投資先、というわけではなく、どちらでも成功されている方はいらっしゃいます。

もし迷ったら、両方少額からやってみて、自分に合っている方を続けてみるのも、おすすめです。

かもめ
かもめ

なお、少額から分散投資を行うなら、1株から投資できるSBIネオモバイル証券がおすすめです。

SBIネオモバイル証券のメリット
  • 一株から購入可能
  • 月額50万円までの少額投資なら、実質月額手数料20円で投資可能
    • 月額手数料220円かかるが、毎月Tポイントが200ポイントもらえる
  • Tポイントで株が購入可能
  • 大手証券口座では、100株単位や手数料が高いため、手数料負けしてしまいます。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

投資は、学生時代から2年ほど経験があり、
インデックス投資・高配当株投資・仮想通貨投資をメインとしています。
これまで投資で得た経験を、投資初心者の方にもわかりやすく伝えていければと思います。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる