シンプルで高機能【SWELL】を使用しています

【SBIネット銀行】ドルを買う手数料が安い銀行【2021】

Rawpixel.com – jp.freepik.com によって作成された business ベクトル
Jcomp – jp.freepik.com によって作成された background 写真

困っている人
困っている人

「ドルを買う手数料が安い銀行が知りたい」
「どうやってドルを買ったらいいかわからない」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • ドルを買う手数料が安い銀行
  • SBIネット銀行でのドルの買い方

私はインデックス投資・高配当株・仮想通貨などの
投資の情報発信を行なっています。

かもめ
かもめ

米国株を買うとき、ドルってどこで、どうやって買ったらお得なのか
わかりづらいですよね。

私も、最初は訳がわからなかったです。

今回は、簡単にわかりやすく解説していきますので、安心してください。

それでは、解説していきます。

スポンサーリンク
目次

ドルを買う手数料が安い銀行

結論から言うと、ドルを買う手数料が安い銀行は、
「SBIネット銀行」です。

SBIネット銀行では
1ドルあたり2銭or4銭で交換することができます。

困っている人
困っている人

銭て何?

1銭=0.01円のことです。
1円未満は切り捨てされます。

かもめ
かもめ

楽天銀行など、通常
手数料は1ドルあたり25銭かかります。

100,000ドル(約1,000万円)投資を行うと、
最大23,000円ほどお得に購入できることになります。

どこで購入しても、ドルの価値は変わらないので、
SBIネット銀行で安く購入した方がお得です!

SBIネット銀行での買い方

続いて、SBIネット銀行でのドルの買い方について解説していきます。

SBIネット銀行を持っていない方は、口座開設を強くおすすめします!

SBIネット銀行と楽天銀行は持っていて損がない、素晴らしいネット銀行です。

かもめ
かもめ

SBIネット銀行で、ドルを買う方法は、大きく2種類あります。

  • 外貨預金(手数料1ドルあたり4銭)【おすすめ】
  • 外貨積立(手数料1ドルあたり2銭)【最安】

外貨預金【おすすめ】

1つ目は、外貨預金です。

SBIネット銀行に入っている円でドルを購入します。

  • 1ドルあたりの手数料が4銭(0.04)円になります。

好きな時に購入できるため、使い勝手が非常によく
おすすめです。
手数料は、外貨積立には劣りますが、十分に安いです。

かもめ
かもめ

手順を説明します。

  • SBIネット銀行にログインし、外貨「普通」預金をクリックします。
  • 米ドル/円の買付をクリックします。
  • 各種情報を入力します。

注文方法は、リアルタイムが手間なくおすすめです。
(今の価格で購入する)

かもめ
かもめ

外貨積立【最安】

2つ目は、外貨預金です。

SBIネット銀行に入っている円でドルを、毎月一定額購入します。

  • 1ドルあたりの手数料が2銭(0.02)円になります。

手数料は現在最安です。

手順を説明します。

  • SBIネット銀行にログインし、外貨「定期」預金をクリックします。
  • 米ドルをクリックします。
  • 各種情報を入力します。

注文方法は、リアルタイムが手間なくおすすめです。(今の価格で購入する)

かもめ
かもめ

まとめ

本記事のまとめです。

  • ドルを買う手数料が安い銀行は、SBIネット銀行
  • SBIネット銀行での買い方
    • 外貨預金(手数料1ドルあたり4銭)【おすすめ】
    • 外貨積立(手数料1ドルあたり2銭)【最安】

今回は、ドルを買う手数料が安い銀行を紹介しました。

SBIネット銀行を使って、ドルを買えば、
手数料をお得に購入することができます!

手順も簡単なので、ぜひ試してみてください。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

投資は、学生時代から2年ほど経験があり、
インデックス投資・高配当株投資・仮想通貨投資をメインとしています。
これまで投資で得た経験を、投資初心者の方にもわかりやすく伝えていければと思います。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる