シンプルで高機能【SWELL】を使用しています

高配当株の配当利回りってどれくらい?税引き後の最終的な利回りとは

困っている人
困っている人

「高配当株のは配当利回りってどれくらいなの?」
「高配当株ってやる価値あるの?」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容
  1. 高配当株の配当利回り(日本株の場合)
  2. 高配当株の配当利回り(米国株の場合)

私は米国高配当株・日本高配当株に投資を行なっています。

かもめ
かもめ

高配当株を始めたいけど、配当利回りって具体的にどのくらいもらえるの?と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

本記事を読めば、高配当株の配当利回りで悩むことはありません。

日本株と米国株、種類ごとの具体的な数字で紹介していきます。

それでは、解説していきます。

スポンサーリンク
目次

高配当株の配当利回り(日本株の場合)

自分でポートフォリオを組む場合

日本高配当株配当利回り
税引前4.0%
税引後3.2%
税引後(配当控除利用)3.2%〜3.8%

日本高配当株を自分でポートフォリオを組んだ場合は、4%(税引前)ほどが目安となります。

さらに、日本での税金が約20%かかり、3.2%(税引後)となります。

ただし、日本株には配当控除という制度を利用することで、節税を行うことができます。

配当控除を利用するには、確定申告を行う必要があります。

税金は最大20%→5%まで削減することができます。

配当控除できる割合は、所得が少ない方のほうが大きくなります。

よって、最終的な配当利回りは、3.2%〜3.8%ほどとなります。

日本高配当株の投資方法は詳しくは、以下の記事で解説しています。

あわせて読みたい
【ネオモバ】SBIネオモバイル証券のメリット・使い方【1株から投資できる】
【ネオモバ】SBIネオモバイル証券のメリット・使い方【1株から投資できる】こういった疑問に答えます。本記事の内容SBIネオモバイル証券のメリットSBIネオモバイル証券の使い方私は投資歴1年半ほどで、インデックス投資、高配当株、仮想通貨など...

高配当株の配当利回り(米国株の場合)

米国高配当ETFを利用する場合

米国高配当ETF配当利回り
税引前3.75%
税引後2.7%
税引後(外国税額控除利用2.7%〜3.0%

米国高配当ETFを利用する場合は、3.75%ほどが目安となります。

あわせて読みたい
【VYM・SPYD・HDV】おすすめの米国高配当ETF
【VYM・SPYD・HDV】おすすめの米国高配当ETFこういった疑問に答えます。本記事の内容おすすめの米国高配当ETFどれを買えばいいかおすすめの証券口座米国高配当株ETFは、「株価上昇」と「高い配当金」両方がねらえ...

比率は、米国高配当ETFの代表的な3つの銘柄である、VYM・SPYD・HDVを同比率所有したものとしています。

比率に関しては、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひごらんください。

あわせて読みたい
【米国高配当ETF】VYM・SPYD・HDVのおすすめ組み合わせ
【米国高配当ETF】VYM・SPYD・HDVのおすすめ組み合わせJcomp – jp.freepik.com によって作成された background 写真こういった疑問に答えます。本記事の内容VYM・SPYD・HDVのおすすめ組み合わせ配当利回りセクターの分散度米...

米国株の場合、米国で10%の税金がかかったあと、日本で20%の税金がかかるため、合計約27%の税金がかかります。

よって、約2.7%(税引後)です。

また、米国株では日本でかかる税金に、配当控除は使用することができません。

しかし、米国でかかる税金(10%)の一部に外国税額控除が使えます。

外国税額控除は、配当控除と同様に、確定申告が必要です。

外国税額控除は、所得が多いほど返ってくる割合が大きくなります。

増配率を考慮すると

増配率を考慮した場合を考えます。

困っている人
困っている人

日本株の方が最終的に受け取れる金額が大きいね。
米国株いらなくない?

米国株にもメリットがあります。

かもめ
かもめ
  • 増配率が大きい
  • インカムゲインだけでなく、キャピタルゲインも狙える

特に増配率は長期投資において大きな味方となります。

例えば、VYMやHDVは過去平均増配率が6%ほどあります。

つまり約10年間で受け取ることができる配当金が1.8倍になります。
現在保有している分が2.7%でも、10年後には4.9%になります。

米国株は増配率が高く、長期保有で強いです!

かもめ
かもめ

高配当株の配当利回り まとめ

本記事のまとめです。

配当利回り日本高配当株米国高配当ETF
税引前4.0%3.75%
税引後3.2%2.7%
税引後
(控除利用)
3.2%〜3.8%2.7%〜3.0%

おすすめは、日本高配当株と米国高配当ETFの両方を組み合わせて、それぞれのメリットを補い合うことです。

私は日本高配当:米国高配当=1:2くらいで所有しています。

かもめ
かもめ

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

投資は、学生時代から2年ほど経験があり、
インデックス投資・高配当株投資・仮想通貨投資をメインとしています。
これまで投資で得た経験を、投資初心者の方にもわかりやすく伝えていければと思います。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる