シンプルで高機能【SWELL】を使用しています

銀行の手数料が高い!手数料の種類と無料にする方法

困っている人
困っている人

「銀行の手数料が高すぎる!」
「銀行の手数料を抑えるにはどうしたらいいの?」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容
  • 銀行の手数料の種類とは
  • 銀行の手数料を無料にするには

私は、投資や節約に関する情報発信を行なっています。

かもめ
かもめ

銀行の手数料って結構高いなーと思っている方も多いのではないでしょうか?

今回は、手数料に関して徹底解説します!

本記事を読めば、銀行の手数料について悩むことはもうありません。

それでは、解説していきます。

スポンサーリンク
目次

銀行の手数料の種類とは

ATM利用手数料

1つ目は、ATM利用手数料です。

ATMを手数料は、銀行口座を使用する時、最も払うことが多い手数料です。

銀行によって、時間帯・曜日・取引の種類によって変わります。

振込手数料

2つ目は、振込手数料です。

他の銀行の口座に振り込む際にかかることが多いです。

現在は、クレジットカードの登場により振込の利用機会は少ないですが、時々利用する機会はあります。

銀行の手数料を無料にするにはネット銀行を利用する

銀行の手数料を無料にするには、ネット銀行を利用するのがおすすめです。

おすすめは住信SBIネット銀行

ネット銀行の中でも、住信SBIネット銀行が最もおすすめです。

なぜなら、非常に緩い条件で

  • 月5回までATM利用手数料が無料
  • 月5回まで振込手数料が無料

になります。

月5回無料なら、ほとんど全ての方は、手数料を払うことはないと思います。

かもめ
かもめ

条件は、スマートNEO認証の登録をすることだけです。

スマートNEO認証とは、SBIネット銀行アプリと、スマホの顔認証や指紋認証を紐付けることです。

パスワードをいちいち入力する必要もなくなり、さらにセキュリティの向上のも役立ちます。

メリットばかりなので、SBIネット銀行を開設したら、必ずスマートNEO認証は登録しておきましょう。

かもめ
かもめ

銀行の手数料が高い!手数料の種類と無料にする方法 まとめ

本記事のまとめです。

本記事のまとめ
  • 銀行の手数料の種類とは
    • ATM利用手数料
    • 振込手数料
  • 銀行の手数料を無料にするにはネット銀行を利用する
    • おすすめは住信SBIネット銀行

銀行の手数料について解説してきました。

ぜひSBI銀行を検討してみてください!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

投資は、学生時代から2年ほど経験があり、
インデックス投資・高配当株投資・仮想通貨投資をメインとしています。
これまで投資で得た経験を、投資初心者の方にもわかりやすく伝えていければと思います。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる