シンプルで高機能【SWELL】を使用しています

【SBI証券】米国ETFの積立方法【手数料の下げ方も解説】

Jcomp – jp.freepik.com によって作成された background 写真

困っている人
困っている人

「米国ETFの積立方法が知りたい」
「安く積立てする方法が知りたい」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • 米国ETFの積立方法【SBI証券】
  • 米国ETFの積立をお得にする方法



私は、投資歴2年弱のサラリーマンです。

かもめ
かもめ

今回は、米国ETFの積立方法について解説していきます。

初心者には少しわかりづらい部分(専門用語等)もありますので、
なるべく簡単に丁寧に解説していきます。

それでは、解説していきます。

スポンサーリンク
目次

米国ETFの積立方法【SBI証券】

米国ETFを積立するには、SBI証券の口座が必要です。

楽天証券等他の証券口座では、ETFの積立設定はできませんので、注意です。
(投資信託は積立可能です。)

SBI証券に入金

SBI証券に入金する必要があります。 

  • SBI証券にログインし、右上の「入出金・振替」→「入金」をクリックします。

あとは、ご自身がお持ちの銀行口座から入金します。

困っている人
困っている人

自動化できないの?

残念ながら、入金手順は自動化できません。
米国ETFの場合は、SBI証券への入金が必ず必要です。

一方で国内ETFや投資信託だと、SBI銀行と連携していれば、
自動的に証券会社に振り込まれるため、入金の必要がありません。

かもめ
かもめ

銘柄を検索

続いて、銘柄を検索します。

  • SBI証券にログインし、外国株式・海外ETFのタブをクリックします。



  • ページ中央の「外国株式取引サイトへ」をクリックします。



  • 左上の「銘柄orティッカー」に銘柄名を入力し、検索をクリックします。



  • 購入したい銘柄をクリックします。

定期注文を選択し、積立額・スケジュールを設定する

最後に、定期注文を選択し、積立額・スケジュールを設定します。

緑色の定期ボタンをクリックします。

すると、定期買い付けの画面に移動します。

  • 預り区分は、特定口座を選びます。(確定申告の必要がないため、楽です。)
  • 日付指定コースor曜日指定コースをクリックし、買付日を指定してください。
  • 指定日は、好みで大丈夫です。

私は、日付指定コースで毎月1日に買い付けしています。

かもめ
かもめ
  • 指定方法を株数指定コースor金額指定コースから選びます。

注意が必要なのは、ETFは1株単位でしか購入できないため、
金額指定コースで金額を指定しても、金額内での最大株数が購入されます。

私は、金額指定コースで購入していますが、好みで大丈夫です。

かもめ
かもめ
  • 決済方法は、円貨決済or外貨決済を選択します。

外貨決済をする場合は、手間がかかる代わりに、手数料が安くなります。

(次の章で詳しく解説しています。)

  • ボーナス月コースは、通常、特に設定は必要ありません。

ここまで入力できたら、取引パスワード(ログインパスワードとは別)を
クリックし、確認画面に移ります。

間違いがなければ、設定をクリックします。

お疲れ様でした。
これで定期積立の設定が完了です。

かもめ
かもめ

米国ETFの積立をお得にする方法:外貨建てで購入

米国ETFの積立をお得にする方法は、外貨建てで購入することです。
外貨建てとは、自分で円をドルに変えて、ドルで購入することです。

手数料

  • 円貨建て:1ドルあたり、25銭(0.25円)
  • 外貨建て(外貨預金):1ドルあたり、4銭(0.04円)
  • 外貨建て(定期預金):1ドルあたり、2銭(0.02円)

なお、この手順にはSBIネット銀行が必要です。

持っていない方は、ぜひ口座解説をおすすめします。

円貨建てで購入する場合、円をドルにSBI証券側で、両替してくれます。

この時、1ドルあたり、25銭(0.25円)です。

外貨建てでは、自分で円をドルに交換してから
購入するので手数料が下がります。

手間は増えるので、手間と金額とのトレードオフです。

かもめ
かもめ

SBI銀行で外貨を購入する

1つ目は、SBI銀行で外貨を購入することです。

  • 1ドルあたりの手数料が、25銭(0.25円)→4銭(0.04)円になります。

私自身は、この方法(SBI銀行で外貨を購入する)で定期積立しています。

かもめ
かもめ

手順を説明します。

  • SBIネット銀行にログインし、外貨「普通」預金をクリックします。
  • 米ドル/円の買付をクリックします。
  • 各種情報を入力します。

注文方法は、リアルタイムが手間なくおすすめです。
(今の価格で購入する)

かもめ
かもめ

SBI銀行で外貨を積立すること

2つ目は、SBI銀行で外貨積立をすることです。

  • 1ドルあたりの手数料が、25銭(0.25円)→2銭(0.02)円になります。

手順を説明します。

  • SBIネット銀行にログインし、外貨「定期」預金をクリックします。
  • 米ドルをクリックします。
  • 各種情報を入力します。

注文方法は、リアルタイムが手間なくおすすめです。(今の価格で購入する)

かもめ
かもめ

まとめ

本記事のまとめです。

  • 米国ETFの積立方法【SBI証券】
    • SBI証券に入金
    • 銘柄を検索
    • 定期注文を選択し、積立額・スケジュールを設定する
  • 米国ETFの積立をお得にする方法:外貨建てで購入
    • SBI銀行で外貨を購入する
    • SBI銀行で外貨を積立すること

SBI証券で米国ETFを定期積立する方法を紹介してきました。

今後株価の上昇が期待できる米国株と、定期積立の相性は抜群です!

王道のVOOやVTなどの、インデックス投資や、
VYMやSPYDやHDVの、高配当株投資など
自分がやりたい投資と組み合わせてみてくださいね!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

投資は、学生時代から2年ほど経験があり、
インデックス投資・高配当株投資・仮想通貨投資をメインとしています。
これまで投資で得た経験を、投資初心者の方にもわかりやすく伝えていければと思います。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる