シンプルで高機能【SWELL】を使用しています

【VYM・SPYD・HDV】おすすめの米国高配当ETF

困っている人
困っている人

「おすすめの米国高配当株ETFが知りたい」
「米国高配当株ETFってどこで買えばいいの?」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • おすすめの米国高配当ETF
  • どれを買えばいいか
  • おすすめの証券口座

私は、インデックス投資、高配当株投資、仮想通貨などに投資をしている投資好きです。

かもめ
かもめ

米国高配当株ETFは、「株価上昇」と「高い配当金」両方がねらえる
素晴らしい投資です。

日本の高配当株と違い、米国高配当株は、今後の株価上昇もかなり期待できます!

そんな米国高配当ETFの、おすすめ銘柄を紹介していきます。

それでは解説していきます。

スポンサーリンク
目次

おすすめの米国高配当ETF

おすすめの米国高配当ETFは3つあります。

  • VYM
  • SPYD
  • HDV

VYM(バンガード・米国高配当株式ETF)

1つ目は、VYM(バンガード・米国高配当株式ETF)です。

主な特徴は以下の通りです。

  • 配当金:配当金は控えめ
  • 増配率:高い増配率
  • 株価:株価上昇も安定的に右肩上がり
  • 分散性:分散性が高い(393銘柄)

VYMは王道の高配当株ETFです!

迷ったらVYMを買っておけば間違いないといったETFです。

配当金の増配率も非常に高いです。

また、株価も安定しており、なんとコロナショック前の株価に戻り
最高値を更新しています!

「コロナショックなんて、なかったんや!」といった勢いです。

かもめ
かもめ

ただし、配当金は控えめです。

次に紹介するSPYDとHDVと組み合わせるとバランスがいいです!

かもめ
かもめ

SPYD(SPDRポートフォリオS&P500高配当株式ETF)

2つ目は、SPYD(SPDRポートフォリオS&P500高配当株式ETF)です。

  • 配当金:高い配当金
  • 増配率:減配リスクも大きい
  • 株価:価格変動が激しい
  • 分散性:分散性が低い(80銘柄)
    • 不動産セクターが投資先上位を占める

今回紹介するものの中で、分配利回り(分配金/購入金額)が最も高く、非常に人気があります。

しかし、ハイリスク・ハイリターンといった感じで
コロナショックでは、配当金が大幅に減配(41%)されました。

SPYDは変動性が高いため、SPYD一本では非常に不安があります。
VYMやHDVを合わせて持っておくことをおすすめします。

かもめ
かもめ

HDV(iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF)

3つ目は、HDV(iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF)です。

  • 配当金:安定した配当金
  • 増配率:高い増配率
  • 株価:株価上昇も安定的に右肩上がり
  • 分散性:分散性が低い(75銘柄)
    • エネルギー・ヘルスケアセクターが投資先上位を占める

株価・配当金ともに安定しています。

コロナショックの中でも増配を行なっており、素晴らしいの一言です。

かもめ
かもめ

懸念点は、分散度が低いことです。

銘柄は50社と、他のETFに比べて分散度が低いです。

分散度が低いと、1つの企業の業績が悪くなった時のリスクが大きくなります。
VYMのような分散が高いETFと合わせて購入すると、バランスがいいです。

かもめ
かもめ

どれを買えばいいか

おすすめは、VYM・SPYD・ HDVの3つとも買うこと

私のおすすめはVYM・SPYD・ HDVの3つともを買うことです。

お互いの利点を活かしながら、欠点を補い合うことができるからです。

私自身も、VYM・SPYD・ HDVの3つとも投資しています。

かもめ
かもめ

続いて、おすすめな具体的な投資戦略をお伝えします。

VYM・ HDVは定期積立

VYM・ HDVは毎月定期積立することです。

なぜなら、安定した右肩上がりの株価上昇が期待できるためです。

例えば、毎月3万円ずつぐらいずつ買っていくといった感じです。

SPYDは少額定期積立・暴落時に買い増し

SPYDは少額定期積立・暴落時に買い増しすることです。

SPYDは、VYM・ HDVに比べ株価の変動が激しいです。

高値で買ってしまうと、配当利回りが低くなってしまいます。

よって、理想は安い時にたくさん買うことが臨ましいです。

しかし、誰にも暴落がいつ来るのかはわかりません。

よって毎月少額積立することがおすすめです。

私はHDVと比較して、半額ほど積立しています。

かもめ
かもめ

そして、コロナショックなどの大暴落が来たときに買い増しましょう。

おすすめの証券口座

SBI証券

おすすめの証券口座は、SBI証券です。

理由は、高配当ETFを毎月積立注文することができるからです。

投資に割く時間を、最小化することができます!

かもめ
かもめ

まとめ

本記事のまとめです。

  • おすすめの米国高配当ETF
    • VYM(バンガード・米国高配当株式ETF)
    • SPYD(SPDRポートフォリオS&P500高配当株式ETF)
    • HDV(iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF)
  • どれを買えばいいか
    • おすすめは、VYM・SPYD・ HDVの3つとも買うこと
    • VYM・ HDVは定期積立
    • SPYDは少額定期積立・暴落時に買い増し
  • おすすめの証券口座は、SBI証券

今回はおすすめの米国高配当ETFについて紹介してきました。

VYM・HDVは10,000円前後(1株)から、SPYDは4,000円前後(1株)から、
購入できますのでぜひ始めてみてください!

かもめ
かもめ

ここまで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

投資は、学生時代から2年ほど経験があり、
インデックス投資・高配当株投資・仮想通貨投資をメインとしています。
これまで投資で得た経験を、投資初心者の方にもわかりやすく伝えていければと思います。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる